スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

立原道造・堀辰雄 翻訳集


 昭和初期に活躍した、「風立ちぬ」で有名な作家・堀辰雄と、彼と親交のあった夭折の詩人、立原道造。この本は彼らの手による翻訳作品を集めたもの。さすが岩波文庫!とうなってしまうユニークな企画で、本屋さんで見かけてつい買ってしまった。

 立原によるドイツの作家シュトルムの短編、リルケの詩、堀によるフランスの作家アポリネールやリルケの短編などが収められている。
 立原によるシュトルムは「林檎みのる頃」「忘れがたみ」「ヴェロニカ」「マルテと時計」の4編。このうち「ヴェロニカ」は新潮文庫の高橋義孝訳で、あとの3作はいずれも岩波文庫の関泰祐訳で読める。はっきり言って立原の訳はかなり稚拙で、高橋訳、関訳と比較すると誤訳と思しき箇所もあるし、「忘れがたみ」では言葉の意味が曖昧な箇所も多く、関訳(関訳では「おもかげ」というタイトル)にあったロマンティックな香りが消えてしまっている。この翻訳ではシュトルムのよさが、という以前に物語自体が今ひとつ伝わらない。残念。
 立原は大学でドイツ語をかじっただけだったそうで、それでここまで翻訳したのはすごいことなのかもしれないが、これでは「立原の訳業」という以外の文学的な価値はほとんどないといえるだろう。
 リルケの詩の方はよさそうだが、「詩」という表現方法自体私はよく理解できないのでえらそうなことはいえない。

 一方、堀の翻訳の方では、7作収められたアポリネールの短編が中心。これはどれもちょっと冷やっこい、スリラーっぽい作品で堀の作風とは大分違うのだが、立原の稚拙な訳とは打って変って見事なものである。ぜんぜん「堀辰雄の訳だ」とか意識せずに楽しく読むことができる。今読んでも特に古い感じはしない。私の苦手な詩も、リルケの詩集「窓」などは堀による詳しい解説つきでなかなか親切。詩が苦手な私もよく理解できた。そしてこの詩集には「風立ちぬ」の作家らしい抒情に満ちていて、はっとさせられる瞬間がある。

 立原と堀、それぞれにとって翻訳とはどんな作業だったのだろう。わずか25歳で亡くなった立原にとってはそれは一種の文章の練習のようなものだったようだが、堀にとっては自分の文学的な世界を形成するための素材を取り込むための重要な作業だったのではないだろうか。そういうことを思わせるほど、堀の方が翻訳に向かう気持ちが強くて真摯な印象を受けた。

 堀辰雄が好きな人はぜひ一度読んで欲しい一冊。彼の文学の原点のひとつが垣間見える作品集だ。
.23 2008 その他の本・非文学 comment2 trackback0

comment

この本、面白そうですね~。
ドイツとフランスが一緒に収められているというのが、なんとなく興味を引かれます。堀辰雄とアポリネールって、たしかにイメージが遠いですね。意外です。

あの、ところで、リルケでは?^^
2008.11.24 14:20 | URL | ntmym #- [edit]
ntmymさんこんばんわ。
おお~そうそうリルケ(笑)。一度書いてコピペしてたら間違いに全然気づきませんでした。

アポリネールなかなか面白いですね。でも残念ながらまとめて読むような本がほとんどないような…
2008.11.24 21:28 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/935-abe7261b

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ その他の本・非文学
  └ 立原道造・堀辰雄 翻訳集

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。