スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アンパンマンについて


先日「今気になること」で軽く触れたアンパンマンについての考察をさらに深めてみた。

やなせたかし氏の原作によるTVアニメ「アンパンマン」の世界は、とてもシュールである。考えれば考えるほど異常な世界であると言わざるを得ない。

 「アンパンマン」のジャムおじさんは、パン屋さんではない。パン工場でパンを作ってはいるが販売をしている描写はない。彼はアンパンマンやカレーパンマン、食パンマンの使い捨てのパーツとなる「顔」を作っているのだ。
おそらく彼はマッドサイエンティストで、貧しい者の味方となる人造人間アンパンマン(とその仲間たち)を作り出し、彼らのエネルギー源でもあり、貧しい者や困った人に食べさせてもよい使い捨ての「顔」を日夜生産してはアンパンマンたちに供給しているのだ。

 パンを売っている、という描写がないだけではない。この世界には一切の「お金」というものが出てこない。したがってこの世界での経済活動はもっぱら物々交換に頼っているのか、それとも完全な共産主義が敷衍された理想社会なのか、そのどちらかであると考えられるが、治安を乱すバイキンマンの攻撃に対処するのはもっぱらアンパンマンたちで、軍や警察といった国家による治安組織が全く登場しないところを見ると共産主義国家が存在しているとは思えず、後者である可能性は低い。そうなるとこの世界は無政府状態であると考えざるを得ない。

 ジャムおじさんはアンパンマンたちを使ってバイキンマンの脅威から住民を守り、それに対する対価としてパン作りのための材料や燃料を住民から供給されているのだ。さらにそうして出来たパンを住民に還元しているという複雑かつ意図不明な経済活動が行われているのである。また、この世界でのパンは食料であると同時に、アンパンマンたち人造人間兵士の燃料でもあるという不可解なものとなっている。

 ところでアンパンマンのアニメに出てくるキャラクターは、ジャムおじさん、バタコさんとバイキンマン、ドキンちゃんを除いて、ほとんどの主要キャラの顔が食品で出来ている。さらに一般市民として登場するカバオ君たち(↓)はどう見ても半人半獣のキメラである。人間らしき登場人物は極めて少ない。
anpan_mimi.gif
一体この世界には何が起きたのだろうか

私の推理はこうだ。

西暦20XX年、世界は戦火に包まれた。やがてどこかの国が生物兵器を使い、これによって人類は壊滅、社会は崩壊し、生き残ったごく少数の人類も遺伝子の異常で異形の生物へと変化していった(キメラの誕生)。
遺伝子に以上を受けなかった人類は極めて少数だったが、そのなかのひとり、ジャムは死に瀕した人類を救うため、食品(パンなど)と人間を合成した人造人間を生み出す。これがアンパンマンたちの誕生である。やがて食品人間達はそれぞれが勝手に繁殖し、世界には徐々に食品人間とキメラが共存する社会が出来上がろうとしていた。
ところが、そこにやってきたのがバイキンマンだった。彼は宇宙人という事になっているが、実は放射能のために体の形が変化した宇宙飛行士なのだ。メカに対する彼の深い造詣は宇宙飛行士だから当然だと言える。
長い宇宙での生活のあとで地球に戻ってきてみると、食品人間とキメラが世界を支配していることを知った彼は、それが許せず、しかも人間であるジャムがその頂点にいることに怒りを覚えた彼は、人間の尊厳を求めて、食品を腐らせる「バイキン」を名乗り、ジャムと彼のパン戦士軍団に戦いを挑んだのであった。

どうっすか?結構ハードSFっぽいでしょ。これで誰か実写映画撮ってくれ。
.21 2008 アニメ comment6 trackback0

comment

ハリウッドあたりで実写で作ると、
顔を食べさせるところが
ものすごい怖い描写になってしまいまふ。
アメリカの評論家が日本古来の
カニバリズムの表現であり
自己犠牲はカミカゼの精神とか
言い出しそうで怖いデフ。
2008.11.21 12:56 | URL | 三代目 #- [edit]
顔を食べさせるシーンね。
あれってよっぽど腹減ってても食いたくないよね。
…はて? アンパンマンの脳はどこにあるのだろう。
少なくとも頭にはなさそうだ。う~~~ん。
2008.11.22 00:28 | URL | piaa #- [edit]
お見事ですね。
無政府状態には笑ってしました。

食品と動物というまったく異なる2タイプが存在するのは不可思議ですよね。
食品は全部人間に作られたって考えるのは本当に妥当ですね。
食品型の犠牲からなる世界で、疑問を持った食品型が腐らされてしまった姿がバイキンマンって考えるのも面白いかも知れませんね。
『何故食べられる事に疑問を持たない?』とかハリウッドにありそうです。
2008.11.24 01:19 | URL | 酒好疫鬼 #OzsWmzus [edit]
酒好疫鬼さん、こんばんわ。

記事でははっきり書いていませんでしたが、軍や警察といった治安組織=アンパンマンたち、と考えれば、軍と食料(パン)の生産・供給を独占しているジャムおじさんこそ、この社会の頂点であり独裁者と考えてもいいのではないかとも思えます。

>疑問を持った食品型が腐らされてしまった姿がバイキンマン

なるほど、その線もありですね。いずれにしろバイキンマンは主観的には正義のために戦っているわけです。
2008.11.24 01:34 | URL | piaa #- [edit]
確かに突き詰めてみると、本当に不思議な世界なんですよね

今世の中にいるいろんなヒーロー、特にハリウッドのヒーローは独善的な傲慢人が多い中、実はアンパンマンってやなせたかしさんが考える究極のヒーローみたいですね。

真の正義は、飢えている人のお腹を満たすことではないのか?そして正義の行為には自分もリスクを負うべきもと、という意図で作られたそうです。

そう考えても、なかなか深い世界ですよね~
2008.11.25 20:23 | URL | コブタです  #- [edit]
コブタさんこんばんわ

>真の正義は、飢えている人のお腹を満たすこと

ジャムおじさんは善意で軍と食料を掌握しているかもしれませんが、彼が死んだあと彼の後継者はそれを盾に圧制を敷くかもしれません。
そしたら飢えている人々にわずかの食料しか渡さなくても神格化されて奉り上げられているどこかの国の将軍様と同じです。

「正義の味方」などという考え方自体矛盾しているのです。
ウルトラマンはただの「人間の味方」でしかありません。その証拠に億単位のバルタン星人を女子供も含め虐殺しています。
アンパンマンも見方を変えれば獣人や食品人間による異常な社会を守ろうとする異常な男に見えなくもありません。
2008.11.25 23:56 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/934-40b9352a

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ アンパンマンについて

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。