スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

開高健 輝ける闇 


 開高健は1964年から65年に従軍記者として、激戦が繰り広げられていたベトナムへ渡った。そこで体験した事をもとにして1968年に発表された長編小説。

 実は私は今年の2月に、同じ著者の「渚から来るもの」という作品を読んで、レヴューしている。「渚から…」は「輝ける闇」のスケッチとも言える作品で、「輝ける闇」が世に出たあとは全く存在を消された作品なのだが、当然このふたつの作品のほとんどのエピソードは重なっていて、大体のあらすじも同じである。したがって大筋での読後の感想も似たようなものなのだが、「輝ける闇」は「渚から…」に比べて内容が大幅に刈り込まれている分シンプルで読みやすいかもしれない。「渚から…」にはなかった主人公(=作者)の戦時中の体験談などが盛り込まれている点や、ラストの戦闘が終わらないままに小説を閉じるなど戦争の悲惨さを強調したものになっている。それだけに作者の体験した「戦場の恐怖」がもろに伝わってきて衝撃的だ。作者は豪放磊落なキャラクターで知られていた人物だけに、その恐怖を読者の心に植え付ける。
 そういった事が、非常に多彩な語彙と洗練された文章で書かれている。文章そのものの魅力、それに緊密な構成という点で「輝ける闇」は「渚から…」をはるかに凌駕している。

 一方で、助手のチャンやその妹素蛾(トーガ)についての描き方は「渚から…」に比べるとかなり薄くなっていて不満が残る。この兄妹はこの小説の中での、ベトナムの一般市民の代表といっていい位置にあるのだが、特に素蛾はこの作品の中では、ただの主人公の情婦にすぎない描かれ方になっていて不満だ。「渚から…」の素蛾はもっと当時のベトナム社会の歪みを感じさせる登場人物だったと思うのだが…
 そのほかにも「渚から…」で印象的だったシーンがいくつもカットされていて、どうしてもそのあたりが気になる。 私の持った印象としては「渚から…」はTVドラマ的で「輝ける闇」は映画的な編集をなされた作品である、と表現してもいいのではないかと思う。「渚から来るもの」は決して「輝ける闇」」があるから捨ててもいいような作品ではない、とこの作品を読んで改めて思った。

 それにしても、作者はすごい男だ。いま誰か米軍に従軍してイラクやアフガンに行こうなどという作家が(もし可能だとしても)いるだろうか?
 ところでこの作品を評して三島由紀夫が「行って見て来たのならたいした事はない」というようなことを言ったらしい。とんでもない。見てきたものを、その強烈な印象をこれだけの作品に昇華する、それを芸術と呼ばずになんと言うのだ。

 ベトナム戦争ものといえは先日バオ・ニンの「戦争の悲しみ」も読んだ。これは「輝ける闇」とは全く違う方向から描かれたベトナム戦争だ。こちらもぜひ。
.17 2008 日本文学 comment2 trackback0

comment

最も好きな小説です。文面からヴェトナムの濃密なニオイが、湿度が立ち上ってくるようなリアリティが感じられますよね。以下に関連記事をUPしております。

http://trinidad.blog.so-net.ne.jp/2012-08-19

http://trinidad-parallel.blog.so-net.ne.jp/2012-09-02
2012.09.04 00:59 | URL | sol #5zprNnt2 [edit]
solさん、コメントありがとうございます。

>文面からヴェトナムの濃密なニオイが、湿度が立ち上ってくるようなリアリティが感じられます

全く仰るとおりなんですが、上の記事にも挙げているベトナムの作家バオ・ニンが書いた「戦争の悲しみ」という作品をぜひお読みになってください。
「ベトナム戦争を描いた文学」という括りではこれが最高峰ではないかと思っています。
2012.09.04 01:14 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/933-650889a9

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ 日本文学
  └ 開高健 輝ける闇 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。