スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

天然コケッコー


2007年 日本
監督:山下敦弘
出演:夏帆、岡田将生

 田舎の村の、全校生徒が小中合わせて7人という分校を舞台に、田舎の日常と中学生の女の子の初恋を、村の美しい四季の風景を織り込みながら描く作品。WOWOWで放送されたものを録画しっぱなしだったものを観た。

 中二のそよが通う村の分校に転校してきた男の子広海。そよにとっては初めての同級生だ。期待に胸を膨らませるそよは広海と仲良くなろうとする。

 とても美しい映像で、田舎の四季が移ろっていく。登場人物の描き方もとてもうまい。そよの友達たち(分校なので学年が違う)や、さして画面に出てこないのに圧倒的な存在感があるそよの両親や広海の母などの描きかたも見事だ。
 そしてなにより夏帆のキュートな魅力が爆発の作品。ファンならDVDを買って家宝にすべし。

 だがそういう美点は十分に感じながらも、今ひとつ好きになれない映画だった。
なんでも原作がくらもちふさこのマンガだそうで、良くも悪くも少女マンガの範疇を出ないストーリーが気になる。2年間を2時間に詰め込んだので駆け足になったのは仕方がないが、中学生を主人公にして初恋を描くという内容から言えば、なんだかリアルさが感じられない。要するにこれは大人の目線から作られたファンタジーの中学生像なのではないだろうか。第一夏帆のような美少女があんなド田舎にそうそういるとは思えない。
 また、演出の点でも、たとえば広海が志望校を変えたこととか、画面上ではっきり説明しないので、洞察力のない人は物語を把握しにくいのではないか。また音が非常に悪く、せりふが聞き取れないシーンが多数あった。

 それよりもなによりも、主人公であるそよの気持ちがよく分からない。いったいそよはどの時点で広海に恋したのだろうか。人には恋に落ちる理由は必要ないのだが、恋に落ちる瞬間はあるものだ。その瞬間を描いていないラブストーリーはそれだけで失敗だといえるのではないだろうか。結局そよは広海と、なんとなく成り行きで付き合っているような気さえしてしまう。昔風に言うと「恋に恋している」状態なのかな。でもそれは当然だが本当の恋ではない。
 40過ぎた、酸いも甘いも嗅ぎ分けた(はずの)私にはあまりにもナイーブな映画だったと言わざるを得ない。
.13 2008 映画(日本) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/931-cf1d303a

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(日本)
  └ 天然コケッコー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。