スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

007 ロシアより愛をこめて


From Russia with Love 1963年 英 
監督:テレンス・ヤング
出演:ショーン・コネリー、ダニエラ・ビアンキ

 007映画の中でも一般に最も評価の高い作品。意外にもこれまでちゃんと観たことがなかった。
 原作(「007 ロシアから愛をこめて」井上一夫訳 創元社)は以前読んだことがあるのだが、あらすじは当然だが同じ。敵の張った見え透いた罠に誘われてイスタンブールにやってきた007は、ロシアの暗号解読器を持って亡命しようとするロシア娘タチアナとともにイスタンブールから脱出を図るが…というストーリー。原作と映画で違う点は敵が、原作ではまんまロシア諜報部(スメルシュ)なのに対して、映画ではおなじみの謎の悪の組織「スペクター」になっている事。当然当時の国際情勢を鑑みてのことだろう。ちなみに「スペクター」は原作小説に出てくるロシア製暗号解読器の名前だ。

 後の007シリーズは、特にロジャー・ムーアの頃にはだんだん人間離れしていく。秘密兵器もどんどん出てくるし、超人的な活躍を見せるようになるのだが、この頃はそれほど超人的でもないし、Q(この映画ではまだQとは呼ばれていないが)の作る秘密兵器も結構現実的なものである。ちなみにこの映画では催涙ガスを仕込んだスーツケースが登場。普通の開け方をすると催涙ガスが噴出すという代物だ。というわけで、ショーン・コネリー演じるジェームス・ボンドは結構ピンチにもさらされて観るものをはらはらさせる。それに何よりヒロインのボンドガール、ダニエラ・ビアンキの美しいこと。

 いくつかおかしな点もそりゃあ、ある。作戦自体がボンドに対する意趣返しという他には全くスペクターにとってメリットのある作戦とは思えないこと。潜望鏡をアジトに取り付けられて気づかないロシア人たちの間抜けぶりとか、敵役グラントの脱出を手伝う連中が、グラントがやられて007が出てくるとは夢にも思っていなかったらしかったりとか、作戦が失敗した以上プロフェルドに殺されることが十分予想できるのに逃げようとか身を守ろうとしないNo.3とNo.5とか…娯楽作品なのでそのへんは大目に見てもいいか。
 当時のイスタンブールの風物や、オリエント急行の様子が克明に描かれていてそういう資料的な価値もあるのではないだろうか。

 007シリーズの中では、ジョージ・レーゼンビー主演の「女王陛下の007」に次ぐ傑作であると言っていいだろう。映画全体の美しさ・リアルさで「女王陛下…」には遠く及ばないが。
.05 2008 映画(欧州・アジア) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/925-7cc9af02

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ 007 ロシアより愛をこめて

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。