スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

名画ベスト500

empire.jpg

 これは英国の雑誌EMPIRE誌が選んだ名画ベスト500を紹介したサイト。
500位から1位まで写真入りでカウントダウンされている。
ラインナップをじっくりみてみるとなかなか面白い。

 いや~、古今東西のさまざまな名画がラインナップされているが、このブログをいつもごらんの方ならちょっと気になるであろうレム原作タルコフスキー監督作品「惑星ソラリス」が285位でランク・イン。
SF映画でラインナップされているのは「2001年宇宙の旅」、「スター・ウォーズ」シリーズ、「未知との遭遇」「ジュラシック・パーク」など意外と多くはないのでこれはかなりすごいかも。でもタルコフスキーは「アンドレイ・ルブリョフ」がなんと驚きの36位。これにはたまげた。

日本映画はかなりたくさん入っているがジブリアニメと黒澤作品ばかり。例外が235位の「バトル・ロワイヤル」(!)海外で高く評価されていたんだね~。欧州で人気の高い小津安二郎「東京物語」が67位。日本作品最高位は50位の黒澤の「七人の侍」だった。
ところで最近人気の韓国映画は64位に「オールド・ボーイ」があっただけだった。欧州ではまだあまり紹介されていないのだろうか。
あと、気になったところでは、先日観た「フォレスト・ガンプ」が240位、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイヤ」が281位。あれだけのブームになった「タイタニック」が以外にも下の方で336位。「スター・ウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」はシリーズ物のため票が分散、それでもそれぞれの映画が上位にランキングされているのはさすが。
 すごく観たいけどDVDが手に入らないものとしては357位のチャンドラー原作ロバート・アルトマン監督の「ロング・グッドバイ」。あとこれも現在入手困難で再発希望なのが93位「ミツバチのささやき」。あ~観たいな~。

 ただちょっと気に入らないのが、私の大好きな「ウエストサイド物語」と「冒険者たち」がランキングに入っていないことかな。英国人の選んだものだから感覚が違う部分はあるのかもしれない。
では上位にはどんな名画が…あなたの好きなあの映画は入っているかな?
詳しくはここでチェック!ただし写真ばかりでかなり重いサイトです。
.01 2008 映画(欧州・アジア) comment8 trackback0

comment

「ミツバチ~」は11月にDVD出ますね。BOX仕様ですけど。
よかったらワタシのところから直接リンクでお買い求めください(笑)
http://blog.goo.ne.jp/j-tkfj/e/c6a2d2d124da8a18a4f70f378858ae8c

で、このランキング、ワタシにはなんとなく納得いかず~(笑)
2008.10.01 23:46 | URL | manimani #- [edit]
BOXはちょっとね~
ビクトル・エリセ監督作品は「ミツバチ…」以外は全く知らないし。

ベルイマンが(多分)一個もないし、フランス映画も少なすぎるし、ミュージカルがほとんど入っていません。
このランキングはかなり偏っている気はしますね。
2008.10.02 08:07 | URL | piaa #- [edit]
自分はレムが好きな方ですが、惑星ソラリスは好きにはなれないんですよね。
他の作品として完成度は高いのかもしれませんが、どうも……。
ソダーバーグのはショボイですし、更なるリメイクが待たれる作品だと思います。
今の映像技術ならソラリスを完璧に再現できる気がするのですが、レム側が映画化を完璧にストップして死去した形なのでしょうか?
ラストにケルビンがソラリスに圧倒され全てを許すシーンや、巨大な赤ちゃんや建物が登場したりするシーンはソラリスには欲しいですね。
2008.10.02 16:04 | URL | 酒好疫鬼 #OzsWmzus [edit]
どのページも重いですねー。500本ともなると一覧表で
見ることができるといいのですが。
『東京物語』がはいっていてよかったですが、『冒険者たち』が
もれているのはたしかになんですね。

それでもまだこれがイギリスでの選出だからいいようなものの、
アメリカでの選出だったらヨーロッパ映画は根こそぎ落ちて
いたと思います。

『スター・ウォーズ』シリーズのうち、『帝国の逆襲』が一番
上位だったのは納得。面倒なので全6作の順位まで
チェックしておりませんが。
2008.10.02 21:44 | URL | しらちゃん #- [edit]
酒好疫鬼さん、こんばんわ。
原作と違う部分も多いですが、私は「ソラリス」はタルコフスキーの映画が最善だと思います。
まずナタリア・ボンダルチュクを超えるハリーがいるとは思えないし、
それに原作では昔の記録で読むだけの「公園」や「赤ちゃん」のシーンをリアルに映像化したら逆にしらけてしまう気がしませんか?
いろんな読み方ができる作品なだけに、「原作どおりの」映像化は難しいような気がします。
ただあの映画のラストはね~、確かに原作とおなじラストが見たい気もしますね。
2008.10.02 22:02 | URL | piaa #- [edit]
しらちゃんさん、お久しぶりです。
>アメリカでの選出だったらヨーロッパ映画は根こそぎ落ちていた

おっしゃるとおりですね。
「帝国の逆襲」はSWファンの投票でも常に1位。2作目がこれほど評価が高いシリーズ物は珍しいのではないでしょうか。
私は個人的には第1作の「新たなる希望」とSWの中では一番深刻でない話「ファントム・メナス」が好きですね。
え~と、よく見たらSW、エピソードⅡ「クローンの攻撃」が選に漏れているようです。たしかにシリーズ1つまらなかったからなあ。
2008.10.02 22:28 | URL | piaa #- [edit]
まずナタリア・ボンダルチュクを超えるハリーがいるとは思えないし、
それに原作では昔の記録で読むだけの「公園」や「赤ちゃん」のシーンをリアルに映像化したら逆にしらけてしまう気がしませんか?>>>
そう言われてみればそうですね。
書物で読んでる所は映像にすべきではないというのは非常に説得力があります。
2008.10.03 21:56 | URL | 酒好疫鬼 #OzsWmzus [edit]
でもたしかにリアルな映像で見たい気持ちもあるんですよね。
だからこそソダーバーグ版にはがっかりした側面もありますね。
あ~、ソラリス読みたくなっちゃったな。
2008.10.04 00:52 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/904-2552ace6

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年10月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ 名画ベスト500

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。