スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ちょっと懐かしい映画2本続けて見る

 最近の映画ってあんまり面白いのないよね。
我が家はWOWOWに加入しているのだが、映画にあまりめぼしい作品がないので最近はすっかりリーガ・エスパニョーラ(サッカーのスペインリーグ)専用放送局みたいになってきたぞ。
 そんな中、ちょっと懐かしい作品をWOWOWのハイヴィジョン放送で2本続けて観た。
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイヤ」と「フォレスト・ガンプ」だ。どっちもすでに名画といっていい作品なので簡単にレヴュー。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイヤ

Interview with theVanpire 1994 米

出演:トム・クルーズ、ブラッド・ピット、キルステン・ダンスト
監督:ニール・ジョーダン

 ヴァンパイヤ映画の金字塔。トム・クルーズ、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラスら当代随一の二枚目俳優の競演で繰り広げられる耽美の世界。
 その中でもトム・クルーズが圧倒的な存在感を見せるが、彼をも食ってしまったのが当時子役のキルステン・ダンスト。はっきり言って今でも大して美人の女優さんとは思わないし、当時もとびきりの美少女だったわけではないが、少女ヴァンパイヤの残酷さと悲しみを見事に演じきっている。
 映画全体の怪しい雰囲気は見事。要するに同性愛的・幼児愛的な解釈をするのが正しい解釈なのだろうが、そんなことは考えなくても十分面白い。あまり怖くないのでホラーが苦手な人もぜひ。
 MINMINはこの映画が凄く気に入って、DVD欲しいと言っていた。

フォレスト・ガンプ
forrest_gump.jpg
Forrest Gump 1994 米

出演:トム・ハンクス、サリー、フィールド、ゲイリー・シニーズ
監督:ロバート・ゼメキス

 ちょっと頭のヨワイ青年、フォレストが60~70年代のアメリカ近代史を駆け抜ける。
まあかなり荒唐無稽な作品で、大学ではフットボールの選手として成功、軍ではベトナム戦争で英雄になり大統領に勲章を授けられ、さらに卓球のチャンピオンになり訪中し、毛沢東に会ったりとかなりやりすぎなのだが、もちろん観るほうは作り話だとわかって観ている訳で、そこを不自然とか言っていてはこの映画のよさはわからない。あんぐり口をあけて楽しんで観よう。アメリカ近代史については常識的な知識があれば十分。
 ただ、フォレストの永遠の恋人、ジェニーはちょっといただけない。わがままし放題である。だから戦友のババやダン小隊長との男の友情のほうが胸に迫る。
 「アメリカ人の視点から見た世界を描いた、アメリカに都合のいい作品」と批判する向きもあるようだが、その時代のアメリカの空気を伝えたという意味でも傑作。
 いや~、でもこの映画って、盛りだくさんで巧いつくりだよね。そこに一番感心する。
.25 2008 映画(ハリウッド) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/900-ed368149

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ ちょっと懐かしい映画2本続けて見る

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。