スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アジア映画2本続けて見る

 今日は休みでなんの予定もなかったのでぼんやりTVを見る。とはいってもオリンピックはつまらないし高校野球も地元が負けちゃうともうどうでもいいし、というわけでBSデジタルでやっていたアジア映画を2本も見てしまった。
 金城武主演の香港映画「ウィンター・ソング」と、韓国映画「甘く、殺伐とした彼女」という2本である。

ウィンター・ソング

PERHAPS LOVE 2006年 香港

監督:ピーター・チャン
主演:金城武、ジョウ・シュン、ジャッキー・チュン

 10年前、北京で恋人同士だった女優志望の孫納と映画監督志望の見東。俳優として成功した二人はあるミュージカル映画の出演者として再会する…

 この映画は現在の生活の部分、劇中劇としてのミュージカル映画の部分、そして回想の部分がシームレスに提示されて複雑な構成をなしているが、見ていてわかりにくいというほどのものではない。ヒロインの孫納は自分の上昇志向のためにはなんでも踏み台にする強烈な女性で、眼力が強烈な浜崎あゆみ似のジョウ・シュンが好演。金城武が演じる見東の、元カノへの執着心は強烈だが、だからこそこの映画に強力な詩情を送りこむ。ミュージカルシーンのまばゆいばかりの美しさのなかに、心のダークサイドみたいなものがちらちらと見え隠れする意欲的な作品だ。


甘く、殺伐とした恋人
amaku_satubatutositakakoibito.jpg
달콤,살벌한 연인 2006年 韓国

監督:ソン・ジェゴン
出演:パク・ヨンウ、 チェ・ガンヒ

 堅物の大学講師のデウが30歳を過ぎてはじめて恋した女性、ミナ。美人で、美術専攻で本が好きな彼女には、実は人には絶対に言えない秘密があった。

 これは面白かった。いや絶対にありえないシチュエーションなんだけど。大体遺産目当てで旦那を××したり、襲われたとはいえ共犯者を××して山に××たりするような女性が、デウみたいな男性に恋をすること自体不自然なんだけど、そんな不自然さは置いといても、設定がそんななのにクライムサスペンスではなく、ブラックユーモアたっぷりのコメディに仕立ててしまうところが韓国映画ってすごい。かなり低予算の作品ながら娯楽作品としてかなり高いレベルだ。
 主演の二人はまったく知らない俳優さんなんだけど、どちらも雰囲気があって演技もうまい。
 
 ところでミナが描いた下手くそな絵を見て「誰?」「ヨン様。ペ・ヨンジュン。」「マフラー巻いてりゃヨン様か!」のくだりには大爆笑。ヨン様って母国・韓国でもヨン様と呼ばれ、マフラー巻いたチュンサンの格好がポピュラーなんだね。
.18 2008 映画(欧州・アジア) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/880-c4d781aa

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ アジア映画2本続けて見る

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。