スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ロシア・ソビエトSF傑作集(下)


 先日紹介した創元から発売されている「ロシア・ソビエトSF傑作集」上巻に続く下巻には、上巻よりも後の時代の作品、A.トルストイ「五人同盟」、ブルガーコフ「「運命の卵」、ベリャーエフ「髑髏蛾」、ゼリコーヴィチ「危険な発明」、グレブネフ「不死身人間」の5作を収録。

 アレクセイ・トルストイ「五人同盟」は月を破壊して、その混乱に乗じて世界を掌中に納めようとする物語。要するにそう簡単に世界を支配する事なんて出来ないと言うようなことを描いた作品で、とても面白い作品なのだが、SF的に厳しいことを言えば、月を破壊した後の地球の影響が少なすぎ。月が破壊されいくつかの破片に分かれた場合、公転速度が落ちたいくつかの破片は地球に落ちてきて、その破片は相当な大きさのものだろうから、地球上の生命は完全に絶滅するはず。まあ作家の興味はそういうことよりも、異常な状況下での人間を風刺的に描きたかったのだろう。アレクセイ・トルストイはあのレフ・トルストイの親戚なのだそうだ。

 ベリャーエフ「髑髏蛾」は、ジャングルで迷子になった生物学者モレルが、ジャングルに同化して言葉すら忘れて15年を過ごすが、ある日やってきた人々によって言葉を再び教えられ、都会へ連れて行かれるが…という物語。ベリャーエフは以前「ドウエル教授の首」を読んだ事がある(ブログでのレヴューはしていない)が、間違いなくソビエトSFの巨星で、その作品の巧みさには舌を巻くほど。この作品も短いながらそんなベリャーエフの魅力が凝縮した傑作だ。ただし、この「髑髏蛾」という作品に関しては面白さという点では超弩級だが、これって「SF」と呼べるだろうか?ベリャーエフ版「ジャングル・ブック」といった趣の作品だ。

 ゼリコーヴィチ「危険な発明」は空気中のほこりを取ってしまう機械を作ろうとしていたマッドサイエンティストがいて、彼の知人がその機械を誤って動作させてしまう。その結果、大気中のあらゆる浮遊物が地上に落ちてしまい、地球は恐るべき異常気象に見舞われるという作品。
 発想がすごい。ほこりがないことで起きる異常気象の数々を読んでいて、あ~そうだよな~とか納得してしまう説得力。作者は経歴不詳、作品もほとんど知られていないそうだ。

 グレブネフ「不死身人間」は、ある男が開発した「エマスフェラ」という機械を使うと、銃弾をも跳ね返すバリアを張ることが出来る、という、今の目で見るとありがちな超人ものなのだが、1930年代に書かれた事を考えるとかなり先進的な内容だ。しかもこのエマスフェラ、実は潜水服として作ったというのがいい。なんでも軍事目的に使ってしまう当時の世界の風潮を揶揄した一作。

 ブルガーコフ「「運命の卵」については、すでに岩波文庫版を読んでいるので、今回はパス。ぱらぱら拾い読みした所では訳による異同もほとんどなさそうだった。ブルガーコフなら、なにか別のあまり紹介されない作品でもよかったような気がする。

 と、いうわけで下巻ではベリャーエフが圧倒的に光っていた。実は「無への跳躍」というのを持っているが読んでいない。こんど引っ張り出して読もうかな。
.18 2008 SF comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/815-6ec3b580

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年05月
  ├ カテゴリー
  |  └ SF
  └ ロシア・ソビエトSF傑作集(下)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。