スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ネトレプコ/ヴィラゾン:ヴェルディ「椿姫」


 NHK-BShiでヴェルディのオペラ「椿姫」をやっていたので観た。これは2005年ザルツブルグ音楽祭でのライブ。写真は同内容のDVD。

 実は始める前に解説が入り、そこで舞台の様子が少し映ったのを見て、今流行の極度にシンプルな舞台装置に現代風の衣装というモダンな舞台のようだった。大抵こういうのは理屈っぽくてリアリティがない舞台が多いので、これも多分つまらないのだろうと思って、面白くなかったらすぐチャンネルを変えてやるつもりで見出したのだが、これが信じられないくらい面白くて、結局全部観てしまった。

 ヒロイン・ヴィオレッタを演じるアンナ・ネトレプコがオペラ歌手にはありえないほど超キュートなのだが、さらに恐ろしく冴えた演技を見せて、オペラ歌手というよりも女優と表現すべきだと思えるほど。彼女の演技を観ているだけでも2時間半TVの前に座る価値あり。相手役のロランド・ヴィラゾンは今評判のテノール。ちょっと暗い声となんとなく情けない顔がお坊ちゃま振りを強調したこの演出でのアルフレートにはぴったりだ。

 ヴィリー・デッカーによる演出はこのオペラから時代考証とか小道具とかの雑多なものをばっさり切り落とし、さらには主役の2人と何人かの登場人物以外はすべて黒子(くろこ)扱いだ。ソロパートのあるフローラや彼女の家の客達は全員黒い衣装の合唱団の中に埋没している。このため観客の視線は自動的にアルフレートとヴィオレッタにフォーカスすることになり、オペラを通じてこの二人の愛の軌跡だけを追うことになる。その中で演出家が幕間の繋ぎ方とか、独自のパントマイムとかいたるところで細かいアイディアを見せて我々を驚かす。

 第1幕の幕切れでは本来は舞台裏で歌うはずのアルフレートが舞台に戻ってきて歌い、それによってヴィオレッタがアルフレートの愛を受け入れる事をはっきり示したり、第2幕第1場の田舎の生活を椅子にかけた布だけで示し、それを剥ぎ取る事で田舎の生活を、捨てることを表現して見せたりと、やることがいちいち鋭い。さらに冒頭から登場する老人は死の象徴だと思いきや、第3幕にいたって医師グランヴィルだった事がわかる。医師を死の象徴として登場させるというのもなかなかひねったアイディアだ。
 第3幕では、普通の演出なら横になったままで死を迎えるヴィオレッタを、立って歩かせ、最後はばったり倒れて死んでしまい、それをアルフレートやジェロモンらが座ったまま観ているという幕切れ見せ方も衝撃的。ネトレプコの容姿の現代的なこともあって、全体に通常は19世紀の女性らしい受身の不幸な女性として描かれるヴィオレッタを、現代的な、積極的に幸福を求める女性と解釈してある印象を受けた。

 演奏の細かい事はよくわからないが、全体に落ち着いた声の歌手が多く聴きやすい。
 とにかくこういう演出だとそれだけで眉をひそめるクラシックファン・オペラファンって意外と多いと思うが、これはいろんな意味で凄い。一見の価値あり。
 ただし、はじめてこのオペラ観る人にはちょっと無理かも。一緒に観ていたMINMINは大の舞台好きだが、今ひとつ話の内容がわからなかったようだ。
.10 2008 クラシック音楽 comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/809-8fb489d3

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年05月
  ├ カテゴリー
  |  └ クラシック音楽
  └ ネトレプコ/ヴィラゾン:ヴェルディ「椿姫」

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。