スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

メシアンを聴く


 ときどき無性に現代音楽が聴きたくなる時があるのだが、我が家には現代音楽らしい現代音楽のCDは武満徹が5~6枚くらいしかない。武満は素晴らしい作曲家だが、やっぱり他の作曲家も聴きたいなあ、と前から思っていた。
 で、以前から興味があるフランスの作曲家メシアンのCDを2セット買ってみた。
 まずラトル指揮の「トゥーランガリラ交響曲」とミシェル・ベロフらによる「世の終わりの四重奏曲」の、この作曲家の代表作とされる2作が収められた2枚組を聴いてみた。


 「トゥーランガリラ交響曲」は10楽章、80分に及ぶ大作。ピアノや電子楽器オンド・マルトノを含む大編成のオーケストラで演奏される。「トゥーランガリラ」Turangalîla」とは、2つのサンスクリット(turanga+lîla)に由来し、これらはともに、「愛の歌」や「喜びの聖歌」、「時間」、「運動」、「リズム」、「生命」、「死」を意味するという。(ウィキペディアより一部引用)
 クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノによる「世の終わりの四重奏曲」も8楽章、45分に及ぶ大作である。こちらは黙示録に由来する音楽で、メシアンがナチスの収容所にいた時に書かれたそうである。
 この人の作品には聖書と鳥の声をモチーフにした作品が多いのだが、このCDに収められた作品の中にもその要素が聞き取れる。「トゥーランガリラ交響曲」は全体になにやらトロピカルなイメージで展開し、これを聴いていると私の脳裏にはタヒチのゴーギャンの絵画がちらつく。
 「世の終わりの四重奏曲」はクラリネットがいかにも暗い響きを持つが、どこか仄明るい印象で、タイトルほど深刻な音楽には聴こえない。
 全体の印象としては、「世の終わりの四重奏曲」の第3楽章など、ときどき素晴らしく美しい瞬間もあるのだが、とにかく執拗な繰り返しが多くて疲れてしまう面もある。しかし現代作曲家らしく独特の響きを持っていて、そこにハマると病みつきになってしまうかも。

 もう一枚買ったのがホーコン・アウストベというピアニストによるピアノ曲集。こちらについては後日。
.01 2008 クラシック音楽 comment3 trackback0

comment

私は以前サロネン指揮の「峡谷から星たちへ」のCDを持っていたはずなのですが、どこかへ行ってしまいました。オーケストラ曲を3曲くらい録音したテープも1本あったはずなのに見当たりません…
で、このCD。激安です。2枚組み1400円くらいでした。ただし輸入盤なので曲名表記がフランス語。読めない…
「世の終わり…」のロック版か。面白そうだけど絶対聴きたいって程でもないですね(笑)。
2008.02.02 22:22 | URL | piaa #- [edit]
わたしもメシアンはもっているのはこの2作を持っていて、「世の終わり~」はアナログ盤・・・
その他の作品はカセットテープに落としたものしかなくて、う~む、メシアンが聴けない環境になりつつあるなあ。。
「世の終わり~」は結構好きで。アレの何楽章だったかをロックに編曲したバンドがあるんですよ。日本に。
2008.02.02 04:14 | URL | manimani #- [edit]
↑変な日本語ですみません・・
2008.02.02 04:15 | URL | manimani #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/742-790ef16b

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年02月
  ├ カテゴリー
  |  └ クラシック音楽
  └ メシアンを聴く

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。