スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2007年に読んだ本

2007年ももう終り。
と言うわけで恒例の今年一年で読んだ本のリスト。
◎は特に印象に残った作品。

ロス・マクドナルド わが名はアーチャー

ヤロスラフ・ハシェク 不埒な人たち

レイモンド・チャンドラー 大いなる眠り

パノス・カルネジス 石の葬式

マウゴジャタ ムシェロヴィチ ナタリアといらいら男

エドガー・アラン・ポー 黒猫/モルグ街の殺人

ゲーテ 若きウェルテルの悩み

ロス・マクドナルド 兇悪の浜

アルフレッド・ジャリ 超男性

◎スタニスワフ・レム 大失敗

岩合光昭 きょうも、いいネコに出会えた

ダシール・ハメット マルタの鷹

森敦 浄土

レイモンド・チャンドラー さらば愛しき人よ

イタロ・カルヴィーノ くもの巣の小道

ダシール・ハメット ガラスの鍵

チェーザレ・パヴェーゼ 美しい夏

リチャード・ブローティガン 愛のゆくえ

レイモンド・チャンドラー ヌーン街で拾ったもの

ガルシア・マルケス 落葉 他12

フィリップ・マーロウの事件1

フィリップ・マーロウの事件2

レイモンド・チャンドラー 高い窓

ラドヤード・キプリング プークが丘の妖精パック

ディノ・ブッツァーティ 神を見た犬

市川拓司 恋愛写真-もうひとつの物語

ロバート・B・パーカー おそらくは夢を

ジェイムス・ブリッシュ 宇宙大作戦・暗闇の悪魔

立原えりか 青い羽のおもいで

ロス・マクドナルド さむけ

堀辰雄 風立ちぬ・美しい村

..ディック マイノリティ・リポート

レイモンド・チャンドラー 湖中の女

◎ミハイル・ブルガーコフ 巨匠とマルガリータ

エルケ・ハイデンリヒ 黒猫ネロの帰郷

◎アントニオ・タブッキ 供述によるとペレイラは

トーベ・ヤンソン ムーミン谷の夏まつり

◎オルハン・パムク 雪

メアリー・マイシオ チェルノブイリの森

レイモンド・チャンドラー かわいい女

アン・マキャフリー だれも猫には気づかない

ケネス・ウォーカー 箱舟の航海日誌

堀辰雄 菜穂子・楡の家

川端康成 山の音

トーベ・ヤンソン ムーミン谷の冬

ミハイル・ブルガーコフ 悪魔物語・運命の卵

◎ゴーゴリ 鼻・外套・査察官

宮沢賢治 銀河鉄道の夜

ルネ・ドーマル 類推の山

レイモンド・チャンドラー 長いお別れ

リチャード・ブローティガン 西瓜糖の日々

ペール・ラーゲルクヴィスト バラバ

アーネスト・ヘミングウェイ 武器よさらば

フィッツジェラルド 華麗なるギャツビー

ダシール・ハメット 赤い収穫

アレックス・シアラー チョコレート・アンダーグラウンド

アクセル・ハッケ ちいさなちいさな王様

ポール・ギャリコ トマシーナ

アーネスト・ヘミングウェイ 勝者に報酬はない/キリマンジャロの雪

ジャン・コクトー 恐るべき子供たち

サン・テグジュペリ ちいさな王子

レイモンド・チャンドラー プレイバック

ニュー・スマーナ・ビーチ シュザンヌの日々

立原えりか でかでか人とちびちび人

ルース・エインズワース 黒ねこのおきゃくさま

ガルシア・マルケス 戒厳令下チリ潜入記

アントニオ・タブッキ 遠い水平線

セルゲイ・スニェーゴフ 銀河の破壊者

レイモンド・チャンドラー語る

チャンドラー+パーカー プードル・スプリングス物語

O・ヘンリー 1ドルの価値/賢者の贈り物

イタロ・カルヴィーノ 魔法の庭

恩田陸 黒と茶の幻想

レイモンド・チャンドラー キラー・イン・ザ・レイン

◎フアン・ルルフォ ペドロ・パラモ

スティーブンスン 新アラビア夜話

パトリック・ドゥヴィル 花火

セルゲイ・スニェーゴフ ペルセウス座進攻

◎エイモス・チュツオーラ ブッシュ・オブ・ゴースツ

◎イタロ・カルヴィーノ 冬の夜ひとりの旅人が

トーベ・ヤンソン ムーミンパパの思い出

ジャンニ・ロダーリ ファンタジーの文法

アーシュラ・K・ル=グウィン 空飛び猫

レイモンド・チャンドラー トライ・ザ・ガール

ゲーテ ファウスト[1]

ゲーテファウスト[2]

.28 2007 本についての雑記 comment5 trackback0

comment

うーん、私は半分以下の冊数ですね。

レムの『大失敗』はなんとか読もうと思っています。
piaaさんの読んだ本で私が確実に読んだことがあると
覚えているのは
 ゲーテ 若きウェルテルの悩み
 岩合光昭 きょうも、いいネコに出会えた
 P.K.ディック マイノリティ・リポート
 アーシュラ・K・ル=グウィン 空飛び猫
です。(読んだかどうかよく覚えていないもは除く。)
「今年の新潮文庫の100冊のうちどれを読んだことある」
とネット仲間でリストアップして遊んだことがあります。
なかなかだぶらないものです。

2007.12.29 00:33 | URL | しらちゃん #- [edit]
私が読むものはかなり偏っていてマイナーなものが多いので、なかなかだぶらないでしょうね(笑)

そういえば、このブログではすっかり猫つながりの感がありますが、しらちゃんさんもレムファンでしたね。
「大失敗」はなかなか強烈でした。ぜひ読んでみてください。めちゃめちゃ読みにくいですけどね。

そうそう、レムといえば「エデン」と「宇宙創世記ロボットの旅」のハヤカワ文庫版が再発売されているようです。
新刊扱いになっていないのでハヤカワのHPにものっていませんでした。
「エデン」はハードカヴァーで持っていますが、「宇宙創世記ロボットの旅」は以前読んだのですが本をなくしてしまったのでこの再発はとても嬉しいです。
次は「泰平ヨン」シリーズ出してくれないかなあ。
2007.12.29 01:07 | URL | piaa #- [edit]
レム再発?!衝撃的ニュース!
さっそく本屋へGO!だ!
(アマゾンでは待ちきれない(笑))

で、すごい読書量ですな。感服。
私の5年分くらいはありそうです。
2007.12.29 05:51 | URL | manimani #- [edit]
piaaさん,こんにちは。わたしのブログにおいでくださってありがとうございます。

 わたしもちょっとお邪魔させてもらいました。
 読書の量が半端じゃないですね。すばらしいです。

 今度piaaさんの読書を参考に何か読んでみたいと思います。
2007.12.29 18:45 | URL | ちょこママ #- [edit]
>manimaniさん

そうなんです!レムの逆襲がはじまったかも!
でも私の近所の本屋さんにはどこにもなくて、今注文しています。
手に入るのは年明けになりそうです。

>ちょこママさん

ちょこママさんは、クラシック音楽がお好きなんですね。
私も結構好きなんですが、最近はなかなかゆっくり聴く時間がないですね~。

本は、今年はいつもよりたくさん読んだような…
でも私の読む本は相当偏っているので、あまり参考にならないかも知れません。
2007.12.29 23:32 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/706-cb6b90b3

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年12月
  ├ カテゴリー
  |  └ 本についての雑記
  └ 2007年に読んだ本

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。