スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

スティーブンスン 新アラビア夜話


 「宝島」の作者として有名な英国の作家ロバート・ルイス・スティーブンスンによる7作の短編による連作短編で、タイトルにもあるように語り口やスタイルが「千一夜物語」のパターンを踏襲しているのが特徴的な作品。

 スティーブンスンと言えば、実は以前「宝島」を読みかけて、別に面白くないわけではないのだがなんとなく途中で止まってしまった。その上岩波文庫「千一夜物語」も全13巻のうち10巻(くらい)までしか読んでいないので、これはどうかなあ、と思いながら手にとった。
 「千一夜物語」には教王アル・ラシッドが、バグダッドの街に出て暴れん坊将軍よろしく様々な冒険をする物語が大量に含まれているが、この作品はバグダッドを19世紀のロンドンやパリに、アル・ラシッドをボヘミア王子フロリゼルに置き換えたものだ。
 7つの短編、と書いたが実は物語としては2つだけで、はじめの3作が「自殺クラブ」の物語、後の4作は「ラージャのダイヤモンド」の物語である。

 それほど強烈なストーリーが展開するわけでも、すごくひねった結末があるわけでもないが、いかにも昔話っぽくストレートに面白い。特に後半の「ラージャのダイヤモンド」は物語が二転、三転して面白い。短い作品なのに登場人物がとても多く、なかなかフロリゼルが出てこないあたりもうまい。これはシリーズ化して続編を書けばよかったのに、と作者に言いたくなるが、結局続編は書かれていない。…ってこの作品の最後にフロリゼルは王位を失ってロンドンの場末で煙草屋を営む事になってしまうのだ。これでは続編の書きようがない。

 訳文はすっきりした現代風の訳が多い「光文社古典新訳文庫」にしてはちょっと古臭い印象があるが、そこはこの作品の古風な印象の作風にあわせたというところか。でも巻末の解説までなんだか古臭い文章なのは…??

 で、これを読んだらなんだか「千一夜物語」を読み直したくなった。そのうち読もう。「宝島」もね。
.14 2007 英文学 comment8 trackback0

comment

>登場人物が多い
確かに。しかも短編形式なのに、主人公の出番が遅かったりして
「あれ、王子は?」と思ったら後半の方でようやく登場したりと少しやきもきさせられました。
フロリゼルが地球上が埋まってしまうほどの冒険をしていたと
いうのなら、もっとこのシリーズを書いて欲しかったですね。
急に王位を剥奪されて煙草屋になるなんて、いきなり現実に引き戻し過ぎです(笑)。
2007.11.15 22:29 | URL | イーゲル #- [edit]
あと4~5冊は読みたかったですね。
巻末の解説によると一応続編みたいなものもあるようですね。
ほとんどスティーブンスン夫人が書いたもののようですが、煙草屋になったフロリゼル王子の出番があるそうで、そっちも読んでみたいなあ。

2007.11.15 23:54 | URL | piaa #- [edit]
こんばんは。

そうそう、「いかにも昔話」っぽい作品なんですよね。
そこがわたしには、少し物足りなかったです・・・。
スティーブンスンってやっぱり児童文学作家なのかなぁ、と思いながら読んでいたら、あのラスト!
本を読んでずっこけました。
妙に現実的でおかしかったです。
2007.11.21 22:37 | URL | ぐら #- [edit]
ぐらさん、こんばんわ。

まあ昔話にしてはなかなか凝ったつくりだとは思いますが。
それにしてもフロリゼル、あれだけ王子面を晒しておきながら、王位を追われて煙草屋って…
その落差がまた面白いので、煙草屋のフロリゼルの活躍する続編を読みたかったなあ。
2007.11.22 00:39 | URL | piaa #- [edit]
こちらの本も読み終えました。
ラストで王子から煙草屋になるというオチが一番受けました。
それでも「少しも変わらぬ立派な御様子」というのが面白く、どうなったのかなあと想像させるような感じがいいなあと思いました。
煙草屋になった話は訳があれば読みたいですが、フロリゼル王子のイメージが変わってしまいそうですね。
2008.02.10 16:37 | URL | kmy #GaU3vP2. [edit]
Kmyさん、こんばんわ。

これの続編は奥さんが書いたというのもなんとも可笑しいですよね。
読みたいような、読みたくないような。
そういえば新訳古典文庫の新刊はこの作家の「宝島」ですね。
私は一足先に岩波少年文庫版を読みましたが、こちらもさすがの面白さでお奨めです。
2008.02.11 00:37 | URL | piaa #- [edit]
こんにちは。

かっこいい煙草屋の王子、見てみたい気もしますが、王子時代の方がやっぱり気になります。
大佐はどうなったんだろう・・・
千一夜物語を10巻まで読まれたんですね!
わたしは児童書どまりです・・・うーんいつか読みたい。

TBを送ったのですが、反映されていないようですので、
また折を見て、送ってみます。
2009.02.17 10:02 | URL | ふくろう男 #- [edit]
スティーブンスンは書かなかったのですが、誰か別の作家にでも続編を書いて欲しかったですね。

そうだ!「千一夜物語」読まなきゃ!10巻まで読んだって言ってもえらく前のことなので、またはじめから読まないとすっかり忘れてます。
2009.02.17 23:22 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/680-c4823c65

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ 英文学
  └ スティーブンスン 新アラビア夜話

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。