スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

レイモンド・チャンドラー キラー・イン・ザ・レイン


 ハヤカワ文庫から刊行中の新訳による「チャンドラー短編全集」全4集の第1集。チャンドラーの短編は創元からやはり全4集の「全集」が出ていたが、こちらにはそれに含まれていなかった作品も網羅するそうで、より「全集」と言うにふさわしいと言えるだろう。
この第1集には表題作「キラー・イン・ザ・レイン」(旧訳の『雨の殺人者』)をはじめ6作が収録されている。

 チャンドラーのデビュー作「ゆすり屋は撃たない」「スペインの血」は雑誌掲載時に読んでいたのでその時の記事を参照していただくとして、ここではその他の作品について簡単に述べようと思う。

「スマートアレック・キル」(旧訳の『殺しに鵜のまねは通用しない』)は「ゆすり屋は撃たない」と同じように三人称で書かれていて主人公はジョニー・ダルマス。
旧訳は「ヌーン街で拾ったもの」で読んだが、これは古い清水俊二氏の訳よりも三好基好氏のキレのいい新訳の方が読みやすい。

視点が一人称になるのは「フィンガー・マン」(旧訳の『指さす男』)からである。これはこの第1集で唯一フィリップ・マーロウが登場する作品。とは言っても主人公の事務所の入り口に「フィリップ・マーロウ」と書いてあるだけだ。これはもともとは無名だったのを後で書き足したのだそうだ。だがサブキャラとしてマーロウシリーズでおなじみのバーニー・オールズが出てくるので主人公もマーロウでOKと言う事だろうか。作風もぐっとチャンドラーらしい。

「キラー・イン・ザ・レイン」「大いなる眠り」の下敷きになった作品で、ポルノ写真と消えた死体の謎を追う筋立てはほぼ同じ。あの長編をすでに読んでしまっているとなんだかパラレル・ワールドに紛れ込んだような違和感を覚える。これも「フィンガー・マン」と同じように無名の探偵が主人公。

「ネヴァダ・ガス」は今回全くはじめて読んだ。タイトルの「ネヴァダ・ガス」とは青酸ガスのことで、デルーズという名の男がギャングの抗争に巻き込まれるストーリーを三人称で描いていてハメットを思わせる作品。なにやら思わせぶりな終わり方が印象深い。

 これに傑作「スペインの血」が加わってなかなか強力な一冊。ただし巻末の原リョウ氏による「エッセイ」は不要。チャンドラーの本にこんなタイコモチのようなコメントは必要ない。
 原氏はダルマスやマロリーの名前がマーロウに変えてあることについて「チャンドラーが改変を許可したのだから、こちらもそのつもりで読めばいい」と書いてあるが、私は全くそうは思わない。「キラー・イン・ザ・レイン」の主人公がマーロウだったら、どう考えてもおかしいではないか。

 すでに第2集「トライ・ザ・ガール」も発売されている。短編には長編ほどこだわりがないせいもあるのだろうが、新訳はすっきりしていて読みやすいと思う。この際だから全部読むことにしよう。でも結構高いよなあ…
.07 2007 ミステリ comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/676-27035813

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ ミステリ
  └ レイモンド・チャンドラー キラー・イン・ザ・レイン

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。