スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

中国の宇宙開発


 中国の月探査機「嫦娥1号」は10月24日に四川省の西昌衛星発射センターからロケット「長征3A」で打ち上げられた。
 先日打ち上げられた日本の「かぐや」、今年中に打ち上げられる予定のインドの「チャンドラヤーン」など、月探査が宇宙開発の最近のトレンドのようだ。
 …さて「嫦娥1号」についての情報をネットで探していてこんな記事を見つけてしまった。

月探査衛星「嫦娥」ロケット残骸、民家を直撃
2007/10/26(金) 11:27:36更新

  中国初の月探査衛星「嫦娥」を24日午後6時5分に打ち上げた長征3号A型ロケットの残骸が同6時16分ごろ、貴州省内などに落下した。中国新聞社によると予定通りの落下で、民家を直撃した部品はあったが、住民にけが負傷はなかった。
 中国メディアは貴州省以外に、湖南省や台湾南東の太平洋にも落下したと報じた。
以上(下写真も)「中国情報局NEWS」より

jyouga_hahen.jpg

 ありえない!予定通りって、この破片に当たって人が死んでてもそう言うのか!?
 中国政府は住民の危険など全く気にしていないことがこの記事だけでも伺えるが、さらにちょっと調べたら、こんなものを見つけてしまった。

長征3号墜落事故である。
1996年2月14日、西昌発射基地から発射された長征3号は、発射直後に大きく傾き、そのままコントロールを失って市街地に墜落、燃料に猛毒のヒドラジンを使っていたことも災いして(公式発表では)住民500人が死亡したという。(実際にはもっと犠牲者は多かったのでは?)これについてディスカバリー・チャンネルが放送したものがここで見れる
 事故直後から中国政府は外国の取材班に足止めを食わせ、隠蔽工作をしたが、取材班の一人が隠し撮りしたビデオで事故の悲惨さが表に出る事になった。米国、日本はもとより、旧ソビエトでもこんなお粗末かつ悲惨な事故は起きていない。
 この事故については全く知らなかった。なぜ当時大きく報じられなかったのかという点でもちょっと不思議だが…

 中国と言えば今年の初め、不要な衛星をミサイルで破壊してスペースデブリを大量生産させた前歴もある。人命軽視のこんな国が宇宙開発をするなんて、空恐ろしい。
.26 2007 宇宙 comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/669-82ee07dc

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年10月
  ├ カテゴリー
  |  └ 宇宙
  └ 中国の宇宙開発

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。