FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

高見沢俊彦 Kaleidoscope


 The Alfeeの高見沢俊彦(タカミー)の16年ぶりのソロアルバム。
 The AlfeeのCDはすべて持っているという大ファンの同僚、カトリーヌ嬢からCDをお借りして聴かせていただいた。

 こうやって聴くと、The Alfeeの中でタカミーの占める割合が非常に高いのに気づく。ギターサウンドをはじめ、曲の構成など、多分The Alfeeの85%くらいはタカミーで出来ているということを再確認。
 そんなサウンドのなかで、各ライターによる五十路のタカミーをいじり倒した歌詞を真面目に歌い演奏した自虐的なアルバム。

 なんと言っても3曲目の、宮藤官久郎による「騒音おばさんVS高音おじさん」がすざまじい。グループ魂のメンバーと共演したこのナンバーは、阿部サダヲらとの掛け合いによる寸劇にはじまり、「声が高い」というキーワードからなにやらコサックダンスを思わせる激しいロックチューンへ。The Alfeeへのオマージュを捧げつつも圧巻のギターソロ&ババアソロの応酬!!
 えっ、何のことかわからないって?…そりゃそうだ。聴かないとわかるはずもない。この曲聴くために買え、とまでは言わないが、この曲聴くためにレンタルで借りてもバチはあたらないだろう。

 他には「おお阿修羅~、おお阿修羅~」のリフレインが耳に残るみうらじゅん作詞の仏像ソング「愛の偶像(ラブ・アイドル)」、綾小路翔作詞のシングル曲でThe Alfeeの匂いプンプンのピカレクスロマンハードロック、「千年ロマンス」などインパクト大。
 反面まじめなロックチューンはかえって印象が薄くなってしまったかも。しかし文部省唱歌にもなった「若者たち」をハードロックで聴かせるあたりはさすが、というかなんというか…

 全体にハードロック色の強いアルバムでありながら、タカミーの温かい人柄を感じさせる好アルバム。
 それにしても50歳だって。若いなあ。
.30 2007 J-POP comment(-) trackback(-)

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    2019年1月末にてすべての記事へのコメントの入力ができないようにしました。ご了承ください。
    これに伴い、これまでに書き込まれたコメントも表示できなくなりました。どうしても過去のコメントをご覧になりたい方は上記livedoorのページの同じ記事にてご確認ください。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ J-POP
  └ 高見沢俊彦 Kaleidoscope

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。