FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ペール・ラーゲルクヴィスト バラバ


 ntmymさん激賞の作品なので手にとってみた。
 スウェーデンのノーベル賞作家ラーゲルクヴィストによるこの200ページほどの作品は、聖書にわずかに記載があるバラバという人物の、その後を描いた作品である。

 バラバという人物は4つの福音書のすべてに記載されている(聖書をお持ちの方は確認していただくといいだろう)人物である。ということは実在の人物だったと考えてもいいだろう。
 彼はキリスト(作品中のクリストース・イエースース)と同じ頃捕まった罪人で、その罪状は各福音書で殺人・強盗など違いがあるが、要するに悪人だったようだ。
反ローマの過激派だったという説もあるらしい。
 時のローマ人ユダヤ総督ピラトゥスは、当時恒例であった過越祭の恩赦をキリストに与えようとして、ユダヤ人たちにキリストとバラバのどちらを恩赦すべきかを問うのだが、ユダヤ人たちは口々に「バラバに恩赦を!」と叫ぶのだ。
 とはいっても、実は福音書は当時の支配者であったローマを刺激しないようにローマには優しく、ユダヤにはきつく書かれているので本当に2000年前にピラトゥスがキリストを助けようとしたのかはよくわからないわけだが。
…というのがこの作品がはじまるまでの物語である。

 この作品はキリストの磔刑と、それを見つめるバラバという情景からはじまる。バラバは自分がなぜ救われたのか、なぜキリストが死んでいくのか判らない。そしてキリストの死の瞬間の奇跡を目の当たりにする。
 放免され自由になったバラバはキリストの弟子と名乗る男(言うまでもないが、ガリラヤの湖で主に出会った男、すなわち使徒ペテロである)と出会い、キリストが、自分はあらゆる人の罪を背負って死ぬ、と言っていたことを知る。そう考えると、バラバこそがあらゆる罪を背負って死んだキリストによって最も直接的に救われた人物なのである、と言えるだろう。
 キリストが自分の命に替えて救ったバラバの、その後の人生はどうだったのか。2000年前の実在の人物バラバの人生などもはや知る由もない。もちろんフィクションのこの作品はバラバという、思いがけなくもキリストとかかわりを持ってしまった人物の人生を通じて初期キリスト教の拡がる様を描いた作品なのである。

 だが、それだけではない。ここに描かれたバラバという人物はどこまでも半端な人間で、キリストの教えに惹かれながらもそれを信仰しようとはしない。奇跡に触れながらも懐疑的で、手放しで信仰することができないのである。
 だが、その半端な考えのおかげで、キリスト教徒がローマに迫害され、兎唇女が殺害される時も、奴隷として一緒に辛苦をなめたサハクが刑死するときもバラバは永らえる。
 バラバはキリスト教徒迫害の傍観者である。最後の事件が起きるまでは…

 最後の事件とは、キリスト教徒による(とされる)西暦64年のローマ放火事件である。これは悪名高い皇帝ネロによる自作自演の放火だといわれているが、このときに多数のキリスト教徒が捕まった。本書の中ではバラバはこの事件で捕まり、自分はキリスト教徒だと供述したため、デマが流れて捕まっていたキリスト教徒たちと一緒に磔になることになる。
 獄中でペテロと再会するが、ペテロはバラバを許し、バラバが主の替りに恩赦された男だと知っていきり立つ他のキリスト教徒に向かってこう言うのだ。
「これは不幸な人間なのだ。そしてわれわれにはこの男を裁く権利はない。われわれ自身欠点だらけであるが、それでもなお主がわれわれを哀れみ給うたことは、それはわれわれの手柄ではないのだ。神をもっていないからといってその人間を裁く権利は、われわれにはない。」
 キリストは、ペテロにこの言葉を言わせるためにバラバを生かしておいたのだ。「主を知らないと夜明けまでに3回言った」欠点だらけの人間の代表であるペテロの言葉だからこそ、この言葉が読者の胸を打つ。

 そしてバラバの最後の言葉。
 彼は暗闇の中へ、まるでそれに話しかけるかのようにいった。
「お前さんに委せるよ、俺の魂を。」
巻末の解説にも詳しいが、これは色々と解釈できる。だがやはり最後の最後になってバラバがキリスト帰依することを宣言した、ととるのが順当だろう。…だが私にはそんなに大げさな意味ではなく、「あんたには負けた」程度の宣言にも思えるのだった。

 私は何の宗教も信じてはいない。そういう意味では無神論者である。だからバラバの心の揺れもどこか理解できる。なにかを信じたい気持ちはある。でも奇跡を見せられてさえ信じ切れないわだかまりもある。終始キリストの教えを信じ切れないバラバは、神を信じ切れない現代人を象徴しているのだ。

 それにしてもネットの古本屋さんから届いた本が恐ろしく古いのでビックリした。1965年発行の岩波現代叢書である。旧字体の漢字で恐ろしく読みにくかった。それでも惹きこまれてしまう傑作だったが。
.20 2007 その他欧州文学 comment(-) trackback(-)

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    2019年1月末にてすべての記事へのコメントの入力ができないようにしました。ご了承ください。
    これに伴い、これまでに書き込まれたコメントも表示できなくなりました。どうしても過去のコメントをご覧になりたい方は上記livedoorのページの同じ記事にてご確認ください。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ その他欧州文学
  └ ペール・ラーゲルクヴィスト バラバ

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。