FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

殺人の追憶

memories_of_murder.jpg

2003年 韓国
監督:ポン・ジュノ
ソン・ガンホ
キム・サンギョン

 PIAA訪韓1周年記念、韓国映画三連発の最後はこの作品。
80年代に実際に起こった未解決の猟奇連続殺人事件を元に、犯人を追う刑事たちの苦悩を描いた人間ドラマ。

 なにせ最初からこの事件が未解決な事をわれわれ観客は知ってるわけで、監督もそれは重々承知である。そこでこの作品は犯人探しや謎解きには重きを置いていない、と言うか置けないのである。
 そこでポン・ジュノ監督のとった手法は、刑事たちや容疑者たちの人間ドラマを、80年代の韓国の風物をふんだんに盛り込んでノスタルジックに見せる事であった。だからフツーの刑事物とは一味違う。
 以下ネタバレ
 まず80年代を日本で過ごしたわれわれにとっての80年代は、携帯電話がなかったりする以外は今とあまり変わらなかったが、この映画に見る韓国の80年代はまるで日本の60年代みたいだ。
 世相も暗そうだし、警察の捜査があきれるほどいいかげん。現場は鑑識も来てないのに子供が走り回っているし、容疑者を引っ張ってくるととび蹴り食らわせて拷問する。主人公パク刑事もそうやって犯人をでっち上げようとするが、科学的な捜査を主張するソウルからやってきた相棒、ソ刑事と対立する。
 このへんは結構笑えたり、細々した描写がさすがディティールにこだわる韓国映画らしいところ。
 そのうち有力な容疑者ヒョンギュが現われるが、決定的な証拠をつかめないでいるうちに新たな犠牲者が…それはソ刑事が捜査中に仲良くなった女学生だった。
 怒りに我を忘れるソ刑事とそれを止めようとするパク刑事。それまでと立場が逆転してしまっているのだが、いつのまにか見ているわれわれもこの容疑者ヒョンギュに対して激しい怒りを覚えているので、そんな細かい事には気付かないのである。
それにしてもヒョンギュ、いかにも臭いが、証拠がない…
 
 さて、今日のトップニュースは和歌山のカレー事件の林容疑者が2審でも死刑判決、と言う奴だった。彼女もいかにも臭いが、死刑にできるほどの証拠はあったっけかなあ、と思った

 全体には異色の刑事ドラマ。ところどころに挿入される登場人物の顔のアップの数々(冒頭の子供からラストの少女とパクまで)が印象的。
 ソ刑事役のキム・サンギョンが若い時の別所哲也みたい。
.28 2005 映画(欧州・アジア) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/60-4955e6a0

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2005年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ 殺人の追憶

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。