スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

中森明菜 艶華~Enka~


 中森明菜の最新アルバム。カヴァーアルバム「歌姫」シリーズ同様のコンセプトで、千住明の編曲によるオーケストラをバックに「天城越え」をはじめとする演歌の名曲を歌った作品。

 若い人が演歌が苦手なのはなぜだろう。むき出しの感情を歌う歌詞が苦手なのか? でも浜崎あゆみの曲なんか歌詞だけ読んだら演歌と変わりないような気もする。
 ではコブシの回る独特な歌い方か? それともチープに聴こえるアレンジ?
 少なくともこのアルバムでは、アレンジは極めてゴージャスだし、中森明菜はコブシを回すような歌い方はしない。だから若い人もぜひ聴いてみてほしい。日本という国の伝統音楽をポップス化したワールド・ミュージックだと思って聴くといいのでは。

 冒頭の「天城越え」が素晴らしい。演歌独特のコブシを取り去った明菜の歌唱は、オーケストラの精妙なサウンドとあいまって、石川さゆりのオリジナルとは一味違う、暗いがスケールの大きな世界を作り出す。
 「氷雨」では一転して細い声で歌い始め、サビでも声を張ることがない。いくらでもダイナミックな歌い方が出来そうなこの曲を終始ささやくように歌うという意表をついた解釈で面白い。
 「悲しい酒」は曲と千住のダイナミックな編曲がミスマッチな感じもするが、聴き所は1番と2番の間のセリフだ。美空ひばりが情感を込めて(大時代的に)語ったセリフを、明菜はつぶやくように早口で語る。注意深く聴いても聞き取れない。現代的なうまいアレンジだ。
 そしてラストの「夜桜お七」では日本の伝統楽器を取り入れながら、間奏ではトランペットのソロが入ったりする独特のサウンドに乗って明菜の暗くてダイナミックなボーカルが炸裂する。
 全体的な印象としては、さすがに明菜は演歌の歌手に比べると声量が足りないのだが、彼女のボーカルにはそれを補う表現力がある。だからコブシを回す必要もないのだ。

 演歌の名曲選になってしまった選曲が平凡だった感はあるが、これまで演歌になじみない人が聴くパターンが多いことを考えるといたしかたなしか。それと初回限定版にのみ収録の「空港」が思い切ったアレンジで素晴らしいのだが、ボーナストラック扱いはちょっと残念。
.05 2007 J-POP comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/581-28b6ff92

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ J-POP
  └ 中森明菜 艶華~Enka~

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。