スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

トニーたけざきのガンダム漫画Ⅱ


 月刊ガンダムエースという雑誌がある。すべてガンダム関連の作品が掲載されているという驚くべき雑誌だ。私が毎回単行本が出るたびにレヴューしている安彦良和氏の「ガンダムThe Origin」もこの雑誌に掲載されているのだが、これはその安彦氏のタッチを見事に模倣したパロディ作品である。
 安彦氏自身「オレこんなの描いたっけ」と錯覚するほどだそうである。その画力を持ってナンセンスなギャグを連発する怪作である。

 …というのは第1巻の話。
 この第2巻はその半分がなんとガンプラを使ったジオラマ漫画なのだ。特にガンダムと19体のザクが戦うエピソードには感心すると言うよりあきれてしまう。キット組むだけでも大変だったろう。そのほか、アッガイのかわいさに夢中になってしまうシャアなど爆笑必至。しかも150ページ足らずの本の100ページ近くがカラーページ。難点はこのためか値段が高い事だ。700円もする。

 ネタがファーストガンダム限定なので、私のようなオールドファン向けだと思いきや、若い人たちにもウケてるらしい。我が家でもMINMINが喜んで見ていた。彼女はファーストガンダムのアニメは全く見たことがなく、マンガで「Origin」を現在出ている15巻まで読んだだけである。「Origin」は現在映画で言うとⅡ・哀戦士編の終わりの方くらい。したがってⅢ・めぐりあい宇宙編で登場する「ヘルメットがなければ即死だった」「足なんて飾りです」などの名台詞を知らないわけだが、それでも充分楽しんだようだ。

 実はこのレヴューを書くにあたり、全部ガンダムのセリフで書いてみようかと思ったのだが、とても無理だった。…認めたくないものだな、自分自身の、文章力の不足というものを。
.06 2007 コミック comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/559-c9f18775

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ コミック
  └ トニーたけざきのガンダム漫画Ⅱ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。