スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ジェイムス・ブリッシュ 宇宙大作戦・暗闇の悪魔


 7月から「宇宙大作戦」がNHK-BSで放送されると、この春NHKのHPに告知されていたのだが、その後全く新しい情報がない。それどころか、現在は以前告知されていたそのページ自体が見当たらない。本当にやるんでしょうね、NHKさん。
 と、いうわけで放送開始までノヴェライズでも読んで待とう、と読んだのがこれ。

 冒頭に置かれた「ああ、過ぎ去りし日よ」はTVシリーズの「タイムマシンの危機」というエピソードである。爆発寸前の恒星の軌道上にある惑星にまだ住民がいるらしいというので調査に訪れたカークたち。この惑星の住民はタイムマシンで過去の世界に脱出していたのだ。残った住人と間違われたカークらは過去へ送られてしまう。
 送られた氷河時代で知り合った女性と、なんと恋に落ちてしまう(!)スポック。一方西部劇みたいな時代に送られたカークは懸命に脱出の方法を探るが…
 とても印象的なストーリーだったが、レナード・ニモイらの名演技もあってTVの映像の方が説得力があったと思う。

 クリストファー・パイク船長が主人公の「実験動物園」は傑作エピソードとされる「タロス星の幻怪人」の原型になったもの。「タロス星…」は残念ながら未見なのでTVとの比較はできないが、自由に幻覚を操るタロス人とパイク船長の攻防は読み応え十分。レムの「泰平ヨンの未来学会議」を連想させる衝撃的なラストもすばらしい。

 シリコン生物との遭遇を描いたタイトル作「暗闇の悪魔」、ロミュラン領域に進入したエンタープライズ。カークの意図は?という「エンタープライズ号事件」どれも面白い。

 このシリーズはこれで3冊読んだのだが、ハードSFとしてはいろいろと気になる点も多い。でもそこは目くじらを立てずにアメリカSFの良心的なショウケースと思って読むと、非常に楽しい作品だと思う。
.14 2007 スタートレック comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/540-4dd67adb

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年05月
  ├ カテゴリー
  |  └ スタートレック
  └ ジェイムス・ブリッシュ 宇宙大作戦・暗闇の悪魔

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。