スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

親切なクムジャさん


친절한 금자씨 2005年 韓国
監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ

 HD内映画消化キャンペーン第2弾は「チャングム」でおなじみイ・ヨンエ主演のクライム・サスペンス映画(と言っていいのかな)。パク・チャヌク監督の復讐三部作の第3作なのだそうだ。
 幼児誘拐・殺人事件の濡れ衣をきせられ、13年間の服役を終えた主人公、イ・クムジャが自分を刑務所に送り込んだ真犯人を追い詰めるという物語。

 映像が斬新でその感覚はどちらかと言うとヨーロッパ映画に近い。CGを使った意表をつく場面変換や、時間の流れを無視したカットアウトの手法など前衛的。全編を通じて原色を多用したファッショナブルな映像でありながら、残虐・流血シーンがてんこ盛り。これがクライマックスに向けて加速して行き、最後のほうはかなり強烈である。

 無駄のないきわめて引き締まった構成で物語が進み、1時間ちょっとで真犯人を追い詰めてしまう。ちょっとテンポ速すぎだろ、と思ったら、この真犯人はクムジャが刑務所に入った後も幼児誘拐・殺人を繰り返していたのだ。クムジャは顔なじみの刑事にも協力させて被害者の家族を呼び集める。
 そして凄惨な私刑(リンチ)が行われるのだが、順番待ちをする家族たちの描写など場面の深刻さとは無関係に思わず笑いそうになるシーンを見せたり、一部始終が終わったあとの被害者家族たちのささやかなパーティなど、考えてみればとても恐ろしいシーンだと言える。
 そしてクムジャが復讐のむなしさを噛み締めて手に持った豆腐(または豆腐の形のケーキ)に顔をうずめるラスト(「豆腐」は真っ白なことから「純真」の象徴)では、宗教的な印象を受けるが、白い雪が降って浄化されるイメージなどとありきたりに考えてはいけない。あれはクムジャの心の中の闇はもう何があろうと(愛する娘の愛があろうと)消え去ることがない事を暗示するラストなのだ。

 そのクムジャを演じるイ・ヨンエがすばらしい。何を考えているか分からないクムジャを表情豊かに演じている。
 クムジャはチャングムと正反対の役のようにも思えるが、復讐の方法こそ違ったけど、復讐のためにしたたかに生きたと言う点ではクムジャとチャングムは似ているとも言えるのではないだろうか。

 ちなみにこの映画は日本ではR-15指定。本国韓国ではR-18だったそうだ。子供の前では見ちゃダメです。
.25 2007 映画(欧州・アジア) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/507-83c3f1f7

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年03月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ 親切なクムジャさん

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。