スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ダシール・ハメット マルタの鷹


 ある日、娘のリンが、何か本を貸してくれという。学校の朝の読書の時間に読むのだそうだ。俺は本棚をちょっと睨むと、一冊のペイパー・バックを取り出した。リンは黄色い背表紙のその本を一瞥して、
「ダシール・ハメット『マルタの鷹』・・・これって本当におもしろいの?」
と、疑わしそうな声で訊いた。俺は黙って煙草に火をつけ、ゆっくり煙を吐き出してから答えた。
「ハードボイルドの創始者、ハメットの代表作だ…。これを読んで面白くないなら、推理小説には縁がなかったと思うことだな。」

 …と、上の文章はちょっとハードボイルド風に書いてみたが、要するに中学生の娘、RINRINになんか本を貸してくれと言われて私が彼女に渡したのが「マルタの鷹」だった(実際には私は煙草は吸いません)、というわけだ。でもよく考えてみると私もずいぶん前に読んだきりなので、RINRINが読み終わって戻ってきたのと、ちょうど「大失敗」を読み終わった所なので、久しぶりに読んでみた。
 文庫で320ページほどの作品だが、2時間ほどで読んでしまった。改めて読んでみて、再確認した。面白い。
 簡単に言うと、謎の女ミス・オショーネシーに依頼された仕事の最中、相棒を殺害された探偵サム・スペードが、この事件を調べていくうち「マルタの鷹」というお宝が絡んでいる事を知る。「マルタの鷹」をめぐって、スペード、ミス・オショーネシー、でぶの男ガットマンらが入り乱れての争奪戦を繰り広げるというストーリー。

 チャンドラーのマーロウやロス・マクドナルドのアーチャーに比べると、ハメットのスペードは極めてドライな男である。途中まではこの男、ガットマンらの片棒を担いでマルタの鷹を引き渡す気なのだ。もちろんその上で相棒殺しの犯人はちゃんと警察に突き出す気なのだが…
 小説自体も、謎解きの妙味などにはほとんど拘泥しない。作者はそんなことに興味がないし、この小説でハメットは従来の推理小説を解体してよりリアルな探偵小説を構築しているのだ。
 おそらくそういう意味でのリアルさはハメットのほうがチャンドラーやロス・マクドナルドよりも一枚上手なのかもしれないと思う。
 ハメットは、ここでの主人公サム・スペードが非常に有名だが、彼は実は他の長編作品には出てこない。「赤い収穫」の名前のない探偵は外見もサム・スペードとは全くの別人だし、「影なき男」ではニックとノラの夫婦(漫才)探偵が主人公だ。そういう作品の多様さの点でも他のふたりとはちょっと違っている。

 この作品は1941年にハンフリー・ボガート主演で映画化されており、かなり有名だ。これは原作を見事に映像化した素晴らしい映画である。今はDVDが500円くらいで買える。こちらもぜひ、読んだあとに観たい。

 さてRINRINは「マルタの鷹」を10日ほどで読んでしまった。
とても面白く読んだらしく、なんでハメットはサム・スペードものの続編を書かなかったのかなあ、などと言っている。
 ちなみに、また本貸してくれと言われたのでストルガツキーの「蟻塚の中のかぶと虫」を貸した。さあ、どんな感想が聞けるかな?
.15 2007 ミステリ comment0 trackback1

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/471-183839bf
「マルタの鷹、映画の舞台から盗まれる・・・」の記事を読みました。サンフランシスコのあるレストランから、「マルタの鷹」の複製が盗まれたんだそうですね。小説「マルタの鷹」はだいぶ前に読んだけど、スペードは怖かったなあ。というか、友達にも敵にもしたくない、と言
2007.02.18 12:20 見えない書斎

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2007年02月
  ├ カテゴリー
  |  └ ミステリ
  └ ダシール・ハメット マルタの鷹

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。