スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2006年に読んだ本

2006年ももう終り。
と言うわけで今年一年で読んだ本のリストである。
我ながらよく読んだと思う。◎は特に印象に残った作品。

ウイリアム・シェイクスピア ロメオとジュリエット

ウイリアム・シェイクスピア ジュリアス・シーザー

フランツ・カフカ 審判

ウイリアム・シェイクスピア 十二夜

ウイリアム・シェイクスピア じゃじゃ馬ならし/空騒ぎ

イアン・フレミング 女王陛下の007

P.K.ディック アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

ウイリアム・シェイクスピア マクベス

パトリック・オブライアン 新鋭艦長、戦乱の海へ

ストルガツキー 願望機

ウイリアム・シェイクスピア リチャード三世

岩合光昭 岩合日出子 海ちゃん

ベルンハルト・シュリンク 朗読者

トーベ・ヤンソン ムーミン谷の仲間たち

◎リチャード・ブローティガン アメリカの鱒釣り

イタロ・カルヴィーノ 不在の騎士

ビュルガー ほらふき男爵の冒険

ウイリアム・シェイクスピア ヴェニスの商人

フランツ・カフカ 変身

◎イタロ・カルヴィーノ 見えない都市

ガルシア・マルケス 愛その他の悪霊について

カレル・チャペック 山椒魚戦争

ウイリアム・シェイクスピア お気に召すまま

辻邦生 夏の海の色(ある生涯の七つの場所2

麻生芳伸:編 落語百選・春

イアン・マキューアン アムステルダム

イタロ・カルヴィーノ 木のぼり男爵

リチャード・ブローティガン ビッグ・サーの南軍将軍

ウイリアム・シェイクスピア オセロー

スタニスワフ・レム 星からの帰還

ストルガツキー 世界終末十億年前

J.K.ローリング ハリー・ポッターと謎のプリンス

辻邦生 雷鳴の聞こえる午後(ある生涯の七つの場所3

ガルシア・マルケス 迷宮の将軍

川端康成 伊豆の踊子

ウイリアム・シェイクスピア 夏の夜の夢

川端康成 古都

アントニオ・タブッキ 逆さまゲーム

ジョルジュ・バタイユ 青空

麻生芳伸:編 落語百選・夏

◎ルイス・セプルベダ カモメに飛ぶことを教えた猫

アントニオ・タブッキ インド夜想曲

◎ガルシア・マルケス 十二の遍歴の物語

ウイリアム・シェイクスピア あらし

レイ・ブラッドベリ たんぽぽのお酒

ウイリアム・シェイクスピア ハムレット

ラフカディオ・ハーン 怪談

ポール・ギャリコ 猫語の教科書

川端康成 眠れる美女

イタロ・カルヴィーノ 柔らかい月

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 呪われた首環の物語

ラフィク・シャミ 空飛ぶ木

◎ジャンニ・ロダーリ 猫とともに去りぬ

ウイリアム・シェイクスピア アントニーとクレオパトラ

ジェイムス・ブリッシュ 宇宙大作戦・見えざる破壊者

ポール・ギャリコ ジェニィ

ガルシア・マルケス 幸福な無名時代

ジェイムス・ブリッシュ 宇宙大作戦・メトセラへの鎮魂歌

ガルシア・マルケス わが悲しき娼婦たちの思い出

ウイリアム・シェイクスピア シンベリン

イタロ・カルヴィーノ まっぷたつの子爵

ジュール・シュペルヴィエル 海に住む少女

梨木香歩 西の魔女が死んだ

ストルガツキー 地獄から来た青年

レフ・トルストイ イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

スタニスワフ・レム 浴槽で発見された手記

ストルガツキー リットル・マン

ウイリアム・シェイクスピア 冬物語

◎ガルシア・マルケス コレラの時代の愛

トゥルゲーネフ 初恋

フリオ・リャマサーレス 黄色い雨

レイナルド・アレナス 夜明け前のセレスティーノ

ルイス・セプルベダ センチメンタルな殺し屋

ファトゥ・ディオム 太平洋の海草のように

◎ガルシア・マルケス 百年の孤独

◎スワヴォミール・ムロージェク 所長

アラ・ヤロシンスカヤ チェルノブイリ・極秘

トンマーゾ・ランドルフィ 月ノ石

ウイリアム・シェイクスピア リア王

高柳英子 正しい猫の数え方

 

.29 2006 本についての雑記 comment2 trackback0

comment

キュリー夫人ばりに本読んでますね。piaaさんが頭いいのがわかる気がします♪ドクゼツをドクジタと言った俺とは違いますね 笑
2006.12.29 12:23 | URL | つとん #- [edit]
いやいや、キミのボケにはなかなか得がたいものがあります。
来年も笑わせてください。
2006.12.30 21:58 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/428-e8323f7c

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年12月
  ├ カテゴリー
  |  └ 本についての雑記
  └ 2006年に読んだ本

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。