スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

インストール


 2004年 日本
出演:上戸彩、神木隆之介、中村七之助
監督:片岡K

 芥川賞作家・綿矢りさのデビュー作を天才子役・神木隆之介クンと上戸彩の主演で映画化した作品。これもBSジャパンでハイヴィジョンで放送していてつい観てしまった。
 はっきり言って、原作は読んでいない。この人の作品は「蹴りたい背中」が話題になったときに書店でちょっと手に取ってみたのだが、女子高生のケータイのメールみたいな文体が我慢ならず、1ページで読むのを断念した。もっと読むと違う感想になったかもしれないけど。

 だからこの映画が原作と比べてどうとかは私には発言する権利はない。あくまでこの映画について述べることになる。
 上戸彩は、正直あんまり可愛くない。可愛くないだけに存在感はある。なんとなく学校に行きたくなくなる無気力な女子高生を演じてなかなかの好演。
 神木隆之介クンはすごい。「妖怪大戦争」や声の出演だった「キリクと魔女」でもそうだったが見事に肩の力が抜けている。唖然とするほどの自然な演技で、天才子役と言われるのも当然である。

 物語は淡々と進んで行き、ふたりで押入れの中のMacを使ってエロチャットのバイトをしたりするのだが、なんだかストーリー的にはっきりしない。結局バイトが終わらざるを得なくなって、彼女は学校に戻るのだが、何を思って学校に戻ったのか、よくわからない。エロチャットをする事で新しい自分を見つけたとか言うが、そんなので自分を再発見したと言っていいのか?
そのへんの曖昧さ・いいかげんさがいかにも現代日本の若者たちの物語なのかもしれない。

 演出は面白く見せるためにいろいろ工夫してあって、ちょっとやりすぎっぽいところもあるが、内容的に単調になりそうな作品なのであのくらい遊んでもいいのだろう。でも無駄な動き(押入れの中で上戸が神木のまわりをぐるぐる回るとか)が多いので気にいらない人は気に入らないだろう。

 それと、なんと言っても疑問なのは…
あのMacにMacOS9.1が入るのか? たぶん無理だ。
.09 2006 映画(日本) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/394-dfae25a2

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(日本)
  └ インストール

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。