スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ウイリアム・シェイクスピア アントニーとクレオパトラ


 ローマの将軍マーク・アントニーはエジプトの女王クレオパトラの色香の虜となっている。前妻が起こした事件のため気まずくなったローマの執政官シーザーとの仲を修復しようと、アントニーはシーザーの姉オクテイヴィアとの結婚に踏み切るが、やがてシーザーは他の執政官たちを倒して覇権を手に入れようとする。これに反発したアントニーとシーザーは対決する。エジプト軍の敵前逃亡で破れたアントニーはクレオパトラが信じられなくなる。

 とにかく複雑な劇で登場人物も多い。集中して読まないと物語の流れをつかみ損ねてしまいそうである。
 この劇はアントニーが、クレオパトラが死んだと思って自害しようとするところなど、「ロメオとジュリエット」と類似した部分もある。中年版「ロメオとジュリエット」という見方もあるかもしれないが、これはわざと醜悪な部分(自害しようとして果たせないアントニーや、シーザーの前で財産をごまかそうとしたことを暴露されるクレオパトラなど)を詰め込んだ「ロメオとジュリエット」のパロディー版とも言えるのではないだろうか。

 「ロメオとジュリエット」にあった青春の香気と潔さは、薄汚れた欲望のなかに消え去り、ラストのクレオパトラの死も共感も涙も、カタルシスも呼ばない。はっきり言ってシェイクスピアの作品の中ではもっとも面白くない作品の一つである。
.21 2006 シェイクスピア comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/356-4e0f2b9a

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ シェイクスピア
  └ ウイリアム・シェイクスピア アントニーとクレオパトラ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。