FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ジャンニ・ロダーリ 猫とともに去りぬ


 ジャンニ・ロダーリはイタリアの作家。これまでに児童文学の作家として割と多数の作品が紹介されているらしい。この「猫とともに去りぬ」は今回「光文社古典新訳文庫」の中の一冊として発売されていた作品。この文庫は手垢のついた古典文学を新しい訳で出すというメインコンセプトのようで、第1回発売は「リア王」「カラマーゾフの兄弟」「小さな王子(星の王子さま)」などの名作揃い。それらの古典の巨人にまじってこの作品と言うのはいささか突拍子もない気もするが、未訳の傑作を発掘するというのもこの文庫のコンセプトの一つらしい。価格のリーズナブルさも含め今後期待の文庫だといえるだろう。

 さてこの「猫とともに去りぬ」は、16の掌編からなる短編集で、どの作品もファンタジーと言うか童話のような物語なのだが、どれも少しばかり風刺のスパイスが効きすぎて大人向けの童話と言った風情の作品が並ぶ。家族に疎んじられた老人が猫になることにしてアルジェンティーナ公園へ向かう。猫たちは猫の星座がないことに反発してコロッセオを占拠するし、ヴェネツィアが水没すると聞いたトーダロ氏と家族は魚になったり、イタリアの歌や食べ物といった風物まで描きこんでおおらかな作品である。
 バイクと結婚すると言い張る若者や、ピアノを拳銃代わりに持ち歩くカウボーイなど奇想天外。
「カルちゃん、カルロ、カルちゃん」は「出る杭は打たれる」構図を描いた風刺作。とにかくどの作品もおおらかさと風刺が絶妙のバランスである。さすがイタリアの左翼系新聞に掲載されていた作品だけのことはある。

 さてSF好きとしては「ピサの斜塔をめぐるおかしな出来事」に言及しないわけにはいかない。これは37光年と27センチの彼方、カルパ星からやってきた宇宙人がピサの斜塔を奪おうとする物語である。カルパ星人は勝手に地球の建物や島を売買していて、ピサの斜塔も懸賞に当たったカルパ星人の女性のものだと主張するのだ。これを読んで私は月や火星の土地を勝手に売っているルナエンバシーとかいう会社のことを思い出してしまった。他の天体の土地について勝手に販売してると、いつか地球人がカルパ星人みたいなことをやる日が来るかもしれないな、と苦笑してしまった。

 これはとても面白かった。今後もこんな傑作が読めることを期待して「光文社古典新訳文庫」に注目していこうと思う。
.14 2006 イタリア文学 comment(-) trackback(-)

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    2019年1月末にてすべての記事へのコメントの入力ができないようにしました。ご了承ください。
    これに伴い、これまでに書き込まれたコメントも表示できなくなりました。どうしても過去のコメントをご覧になりたい方は上記livedoorのページの同じ記事にてご確認ください。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ イタリア文学
  └ ジャンニ・ロダーリ 猫とともに去りぬ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。