スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

レイ・ブラッドベリ たんぽぽのお酒


 ブラッドベリはSF作家と思っている人が多いが、この人の本質はホラー風味幻想小説作家なのだと思う。SFとしての代表作「火星年代記」でさえ、火星が舞台だというだけでこの基本線からは全く外れていない。「火星年代記」は火星が舞台の幻想小説であり、SFではないのだ。

 この「たんぽぽのお酒」は、イリノイ州グリーンタウンに住む12歳の少年ダグラス・スポールディングが過ごす1928年の夏をノスタルジックに描いた作品である。十数年前に読んで感銘を受け、今回久しぶりに読んでみた。

 この作品は基本的に短いエピソードを積み重ねていく方法で書かれている。それぞれのエピソードにはサブタイトルなどはないので便宜的に「幸福マシン」「銅像ゲーム」などと呼ばせていただく。
 私がこの作品の中で一番気になったのは「オールドファッション・バニラ・ライム・アイス」のエピソードで、31歳の男性ビルと95歳の女性ヘレンのラブ・ストーリーである。アイスクリーム屋で「オールドファッション・バニラ・ライム・アイス」を注文したことがきっかけでビルとヘレンは知り合い、親密になるが、ヘレンは自分の死期が近いことを知り、ビルに来世で出会う約束をする。ヘレンは1985年か1990年の夏に、この場合にふさわしいアイスクリームを注文する事がきっかけで若い二人が出会う事を予言するのである。そしてヘレンは数日後には帰らぬ人になってしまう。
 1928年にははるかな未来だった1990年さえも、もはや遠い過去になってしまった今、私はビルとヘレンが再会できたのかちょっと気になっている。

 しかし、今回十数年ぶりに読んだ正直な感想は、「あまりにも後ろ向きな作者のスタンスが気に入らなかった」と言わざるを得ない。この作家の作品はこの作品に限らずノスタルジックで感傷的な物が多く、それこそがこの作家の美点で、ファンを惹きつける部分なのだろうが…

 たとえば「幸福マシン」のエピソードでは、アウフマン夫人は幸福マシンを体験してその中でパリを見せられ、ダンスをしたりするのだが、彼女は現実の世界(夕食を作ったり、子供の服を縫ったり)が待っていてその落差に耐えられないと言う。一見もっともに見える彼女の意見だが、よく考えると彼女の意見はきわめて保守的であることに気付く。現代人はみな日常と非日常は切り離して考えているはずだ。ダンスがしたいのならすればいい。パリに行く事ができないならパリの映像を観て楽しむ事のなにが悪いと言うのか。この作品は1957年に書かれているが、その時代(のアメリカ)から見てもブラッドベリの考え方は古すぎる。

 台所を片付けられて料理ができなくなるおばあちゃんの話もそうだ。おばあちゃんが料理ができなくなったのを知った登場人物たちは台所を元通り散らかしてしまう。そうすると、おばあちゃんはまたおいしい料理を作るのだ。こうしてユーモアの殻で巧妙にくるみながらブラッドベリは変化を、進歩を否定する。

 この作品にはノスタルジーと感傷しかない。登場人物はみな「今」または「過去」に固執する人物ばかり。主人公で12歳の少年ダグラスですら夏が終わることを恐れる後ろ向きな少年である。秋が来てもたんぽぽのお酒を一口飲んで夏を取り戻すなどと言っている。
 この作品の中で未来を語るのは前述の95歳の女性ミス・ヘレン・ルーミスだけである。この事はちょっと象徴的かも知れない。

 と、言うわけで「たんぽぽのお酒」は、昔好きだと思った作品を久しぶりに読んでがっかりした作品のひとつになった。
 実は「火星年代記」を読み直そうと思って買ってあるのだが、正直なんだか読む気がなくなってしまった。
.12 2006 北米文学 comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/328-5fb5d7be

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ 北米文学
  └ レイ・ブラッドベリ たんぽぽのお酒

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。