スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

capsule NEXUS-2060


 先日紹介したPerfumeがとても面白かったので、彼女らの作品をプロデュースしている中田ヤスタカ氏とボーカリストこしじまとしこのユニット、capsuleを聴いてみた。このグループはしばらく前にハウス食品のコマーシャルでジブリのアニメのBGMとして使われた「レトロメモリー」と言う曲がちょっと有名。「さよなら、さよなら、さあうちに帰ろ」と言うアノ曲である。

 今回聴いたのは2005年2月発売のアルバム「NEXUS-2060」。
 うーん。これも面白い。Perfumeほど強烈なテクノサウンドではない。生音っぽい音がたくさん聴こえてくる。(思うにPerfumeの方はファミコン風ゲームサウンドをイメージしているのだろう)SF的な道具立てとスピード感あふれるサウンドにキュートなこしじま氏のボーカルと歌詞が乗る、レトロでノスタルジックな、それでいてSFチックな音楽。このアルバムは10曲入りだが、1曲目と4曲目はナレーションだけなので実質8曲しか入っていないのはちょっと不満だが、内容は濃い。

 「beautiful hour」でヨーロッパ映画のサントラみたいなスタイリッシュなインストゥルメンタルを聞かせるかと思えば「Lacky Love」のようなキュートさ全開のナンバーもありと、振幅の広いアルバムだがそれでも不思議と統一感のある作品になっているところが面白い。最後の「Tokyo Smiling」はSFから地面に戻ってきた感じがあるウインター・ソング。なんだかホッとさせてアルバムを終える構成もうまい。

 とても才気を感じる、お洒落でカッコいいアルバムだと思う。もっと注目されるべきだ。
.11 2006 J-POP comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/312-ebef5e9e

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2006年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ J-POP
  └ capsule NEXUS-2060

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。