スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リチャード・バック かもめのジョナサン(完成版)


 70年代に全米でベストセラーになり、日本では五木寛之の翻訳で紹介され話題になった作品。私も当時読んだ覚えがある。従来3章構成の作品だったが、最近第4章が追加された「完成版」が登場し話題になった。早くも文庫化されていたので読んでみた。

 昔から言われていることだが、この作品はいろんなふうに読める。自由な生き方を説いたものとも言える(その解釈で当時ヒッピーたちに支持されたのだろう)し、常識にとらわれない柔軟な発想が大事だということが言いたいのかもしれない。肉体の鍛錬から精神の飛翔が生まれるというような事を表現したのかもしれない。
 第1章におけるジョナサンは、要するにアスリートである。一心不乱に飛ぶことを極めようと挑戦し続ける。しかしその生き方は群れの他人たちにとっては許されないものだった。群れを追い出されたジョナサンが出会ったかもめたちは飛ぶことを極めて何故かスピチュアルな境地にまで達している。その中で出会う「師」チャンは瞬間移動のような超能力すら身につけている。このあたりから物語はどんどん胡散臭くなってくる。やがて群れに戻ったジョナサンは若いかもめたちに飛行術を伝授する活動を始めるのだが、だんだん「信者」を増やしていき群れの中でも無視できない勢力になっていく。やがて弟子のフレッチャーに後を任せ、ジョナサンは去っていく。フレッチャーは自分が教える立場に立ってはじめて、ジョナサンが聖者でもなんでもなかったことに気づく。「無限なんですね、ジョナサン…完全なる者への彼の歩みは、すでにはじまっていたのだった」という、ある意味感動的な一節でこの小説は終わっていたのだ。以前は。

 このまま第3章で終わっていたら、はじめに書いたように様々な解釈が可能で、読者ひとりひとりがいろんな見方でこの物語を理解しただろうし、実際にそうしてきた。たとえば私の解釈で言えば、ジョナサンの「飛行術」は(ちょっと宗教臭い方向に脱線しそうになりながらも)一人のアスリートの記録と読む事ができる。フレッチャーは、精神的なものが伴ってはじめて肉体の鍛錬が結実するのだと悟った、と読むことができると思う。
 ところが作者は40年もたって第4章を書き加えてしまった。これはその後の「ジョナサン教」の発展と腐敗と、そしてジョナサンの原点に戻ろうとする一人の若者の出現までを描いている。
 これ自体は宗教の腐敗をぎゅっと圧縮してみせるという意味では面白い読み物だとはいえるのだが、この第4章の出現によって、この「かもめのジョナサン」という作品全体が宗教について語った作品であるとしか解釈できなくなってしまった。

 こういうのを「蛇足」と言うのだと思う。
 しかし、もともとボツにしたこの「第4章」を持ち出したくなるほど、現代は歪んでしまったと作者は言いたいのだろうか。
.06 2015 北米文学 comment2 trackback(-)

comment

第4章、出てたんですね。piaaさんのおっしゃるように、様々な解釈が可能な小説でしたが、私は当時も「ああ、これはいろんな読み方が出来るようカモフラージュされた、本質的には道教系のスピリチュアル本だ」と思ってました。若い頃はこの辺も嫌いじゃなかったんですが。
宗教がモチーフになった作品では「異性の客」が一番面白かったですね。
映画だとブラザーサン・シスタームーン。今ふと思ったんですが、サリンジャーの作品って宗教ぽいですよね。
ジョナサン完全版も読んでみます。
2015.12.07 11:39 | URL | tabinekometal #kED4b.kQ [edit]
tabinekometalさん、こんばんわ。
この本が以前はやった時私はまだ中学生くらいだったので、よくわかりませんでした。今読むと瞬間移動とかかなり胡散臭いですよね。

宗教っぽくてもいいんですが、カルトっぽいのはどうも…「異星の客」は現実のカルトにもいろいろ影響を与えた本ですね。私はハインラインが大嫌いなので読んでませんが(笑)
2015.12.08 19:18 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年12月
  ├ カテゴリー
  |  └ 北米文学
  └ リチャード・バック かもめのジョナサン(完成版)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。