スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

水木杏子/いがらしゆみこ キャンディ・キャンディ


 1975年から4年間「なかよし」に掲載され、同時期に放映されたTVアニメも大ヒットした少女マンガ。その後世界中でヒットし、フランスなどでは日本の作品だとは知らなかった人もいたそうだ。
 その後原作者水木と作画者いがらしとの間で著作権を巡る裁判沙汰となり、その影響か現在ではコミックスもアニメのDVDも販売されていないといういわゆる「封印作品」になっている。このため古書店でも結構な値段が付いている事が多い。

 私はちょうど流行っていた時期に、近所の女の子が持っていたものを借りて多分第6巻まで読んだっきりだったので、今回約35年ぶりにラストを迎えたことになる。
 いまさら私がストーリーを書く必要もないとは思うが、第一次大戦の頃の米国、英国を舞台にして孤児院で育った少女キャンディの成長を描いた作品である。少女漫画らしく恋愛メインではあるのだが、そこに戦争の影やモラトリアムに苦しむ若者たちの苦悩を盛り込んで非常に完成度の高い作品だ。9巻で見事に完結していて、最近の糞長いマンガに爪の垢を煎じて飲ませたいほどだ。
 今は先に述べた権利争いのせいで不可能なのだろうけど、いくらでも続編が作れそうなのに全くそういうことをやっていない所も非常に潔い。

 だが、正直言ってヒロイン、キャンディは明るい性格はいいけどかなり破天荒な困った子で、身の回りにいたら辟易するんじゃないかなとも思う。学園で五月祭に出るのを禁じられることになったのもあまりにも不用意な発言からだし、恋愛優先で仕事までサボってしまうなど問題行動も多い。男性には可愛がられるかもしれないが、同性には煙たがられるタイプではないだろうか。そのせいか、作中でも男どもは皆キャンディが好きだが、パティとアニーを除くと他の同級生や同僚に好かれていないような気がする。
 まあこれは「風と共に去りぬ」のスカーレットなんかも典型的にそうなので、そういうヒロインの造形もアメリカ的だったのかもしれない。日本人の感覚なら普通ヒロインはこの作品ならアニーみたいな控えめな子というパターンが多かったような気がするが、それでは国内ではともかく外国では受けなかったに違いない。

 9冊というのはコミック作品としてはかなり短い方に当たるが、登場人物は多彩。特に憎まれ役のイライザはすごい。兄ニールはもうちょっと可愛げがあるが、イライザは全編を通じて徹底的に憎まれ役に徹する。だが全編を通じてほとんどキャンディにダメージを与えることができない。キャンディに最大のダメージを与えるのはテリィを巡ってキャンディとはライバル関係になる若い女優スザナで、キャンディは結果的に彼女にテリィを奪われてしまう。連載当時はテリィをかばって足を切断する怪我をしたことで結婚を迫るスザナに対するバッシングがすごかったらしい。この歳になって読むとスザナがとても不憫に思える。実際身を引いたのはキャンディの方だし読んでみるとバッシングは全く不当なことだと思う。

 作中第一次大戦が始まり、看護師仲間が従軍看護に出征したり、ステアが戦死するというようなエピソードもあり後半はかなりキナ臭い話になってくる。そしてすべての謎が解けたラストでも戦争は終わっていない。このラストの翌年、第一次大戦に米国も参戦。戦後禁酒法とギャングの時代を経て、第二次大戦がやってくる。キャンディは1899年生まれだから子供たちの世代が第二次大戦に巻き込まれたはず。そんな時代、キャンディと友人たちはどんな人生を送ったのだろう。そう考えさせるところが名作たるところだろうか。

 それにしてもこういうレベルの高い作品がつまらないトラブルで読むことができないというのはとても残念だ。いつか日の目を見ることがあるといいのだけど、水木といがらしの間はそうとうこじれているようで、作者たちの存命中は無理だろうか。
.28 2015 コミック comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ コミック
  └ 水木杏子/いがらしゆみこ キャンディ・キャンディ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。