スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

D3300で天体写真撮ってみる


 さて我が家の新しいデジタル一眼レフ、D3300は最高感度ISO12800。ほんの2~3秒露出すれば暗い天体だって撮れちゃう。というわけでアンドロメダ銀河。わずか5秒の露光でこれだけ撮れる。驚きだ。

 しかしこのキットレンズで撮影する上での最大の弱点はピントがめちゃめちゃ難しいこと。星は暗すぎてファインダーではよく見えないし、このカメラのキットレンズにはMF時のピント位置を示す刻印がないのでかなり当てずっぽうにピントをあわせることになる。なのでカメラのモニターで見てピントが合ってるつもりでも実際には星がかなり大きな点に写ってたりする。下のプレアデス星団はそんな失敗例。ついでにブレてて最悪だが、電子レリーズ買うのはピントをなんとかしてからだ。
DSC_0206.jpg

 広角レンズで星野写真は行けそう。これはカシオペア座からぎょしゃ座方向を広角で狙ったもの。冬の銀河がうっすらと写っている。街からそう遠くない我が家でもこれだけ写るんだから、空の暗いところに行ったらすごい写真が撮れるかも。
DSC_0197.jpg
.19 2015 日記など comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記など
  └ D3300で天体写真撮ってみる

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。