スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

最強のふたり


Intouchables 2011年 仏
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー

 HDDに録画したきりで3年ほど放置していた作品をついに観た。いや、これはもっと早く観るべきだった。

 アフリカ系の貧困家庭で育った青年ドリスは、体が不自由な富豪フィリップの介護人の面接に応募する。だがその仕事をするつもりはさらさらなく、失業保険をもらう権利を得るには面接を受ける必要があったから応募したのだ。だがフィリップはドリスを採用する。フィリップは、自分のことを病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく。

 どんな映画でもそうだが、実話ベースの作品だと、とかく「ストーリーに起伏がない」とか「単調」とか評価する人が多い。いや、そう思うのならあんたがいつも観ている映画のほうが盛り過ぎなんだよ、と言いたくなる。ハリウッドのヒーロー物とかばっかり観ているからこういう作品が単調に思えちゃうのだ。
 では実際のあなたの生活は単調だろうか。単調だと思えばそうだし、毎日を楽しいと思えば楽しいのではないか。この映画はフィリップがドリスと出会うことで単調な毎日から抜け出すきっかけになり、その転換が起きた物語なのだが、ドリス視点で見てもフィリップと出会うことによって新しい世界を見せられて転換が起きる物語でもある。そこを表現するためにエピソードがてんこ盛りで2時間目が離せない。単調なんてとんでもない。その分フィリップの娘のエピソードやドリスの弟のエピソードなどやや中途半端な気もするがこれらはそもそも絶対必要なエピソードではない。

 この映画は軽くフランスの移民問題にも触れるのだけど、それにしても画面のはしばしにフランスという国がどんなに成熟した社会かということを感じ取れる所も興味深い。日本だったらフィリップほどの重度の身体障害者が普通にレストランやカフェで食事を取れるだろうか。作品自体も安っぽい同情とか下世話なお涙頂戴などの気配は微塵もない。
 主役を演じた二人も、そういう演出意図をはっきり理解して難しい役どころを全く自然に演じている。
 ヨーロッパ映画はいつもそうだが、音楽の使い方が見事。バッハとEW&Fを等価に聴かせるというのは斬新でとても面白い。
 全体に感動を押し付けたりとか、メッセージを声高に叫ぶとかそういうのとは無縁なところがいかにもフランス映画らしい、とてもいい作品だった。
.25 2015 映画(欧州・アジア) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ 最強のふたり

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。