スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「見えない都市」再読



 2006年のP&Mアウォード受賞作、カルヴィーノの「見えない都市」を再読。

 難解な作品であるが、その内容を読み解こうとするよりも『詩的な散文として場面場面を味わって読む』というのがこの作品の一般的な読まれ方のようである。私もそういう風にして読んだし、それでいいのだとは思う。

 その上で、今回読んで思った事をひとつだけ言わせてもらうなら、物語は語られる瞬間に歪み始めるということだ。ここでマルコ・ポーロが語る各都市の様相はどこまでが真実で、どこからがマルコによる、あるいは作者によるつくり話なのか判然としない(というか、冷静に考えると都市の名前から内容まですべて虚構なわけだが)。そこで強調されるのはマルコがそれらの都市を実際に訪れたとしても、彼が語りだした瞬間にその都市はもはやその都市そのものではなく、マルコの目によってバイアスのかかったものになっているという事だ。この作品の中でも何度となく、フビライによってそのことが指摘されているような気がする。

 考えてみればこれはどんな物語についても同じことが言えるわけで、その語り手(作者)のバイアスを意識して見ないと、物語に足を掬われることがあるかも知れない。そんなことを読みながら思った。
.21 2015 イタリア文学 comment2 trackback(-)

comment

お久しぶりです。どの記事でコメントしようかと迷っていましたが、「見えない都市」は私の好きな本なのでこれに決めました。この本は短いページ数でさまざまな情景を描写しているので、何度読んでも飽きません。今では本棚に必ず置いてあるお気に入りの本となっています。

しかし、「物語は語られる瞬間に歪み始める」とは、あらゆるフィクションの本質を突いた良い言葉であると思います(まさに「見えない物語」!)。
私はこの言葉を聞いて、ジーン・ウルフというSF・ファンタジー作家を思い出しました。この作家の物語では、信頼できない語り手が摩訶不思議な物語を語りだすので、読者自身が自分なりの真実を考え出す必要があります。piaaさんのおっしゃる通り、作者のバイアスを意識しないと足を掬われてしまうのです。「デス博士の島その他の物語」という短篇集が傑作なので、興味があるならば是非どうぞ。

遅くなりましたが、ブログ開設10周年おめでとうございます。これだけブログを続けていくには気力が必要だと思います。これからも無理しない程度にブログの更新、頑張ってください。ささやかながら応援してます。

追記:いつのまにか、国書刊行会によるとスタニスワフ・レム・コレクション「短篇ベスト10」が近刊予定になってますね。今度こそ無事に刊行されると良いのですが...楽しみです。
2015.04.22 19:16 | URL | reclam #cYPQgapM [edit]
reclamさん、こんばんわ。

ジーン・ウルフですか。うむ、気がけておきます。

レムの短篇ベスト10、ついに出るようですね。AMAZONにも出てました。
しかしほとんどが「泰平ヨン」と「サイベリヤーダ」のシリーズの作品ですね。未訳の10作を選んだと書いている割には「仮面」以外は全部読んだことがある作品なような…?
2600円か。どうしようかな。
2015.04.23 00:40 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ イタリア文学
  └ 「見えない都市」再読

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。