スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「ソラリス」が文庫化

solaris_new.jpg
 沼野訳「ソラリス」が文庫化。しかもまさかのハヤカワ文庫から登場だ。
これまでにも何度か書いているが、私は旧訳の方が断然好きである。だが、こちらが同じハヤカワから文庫化された以上、旧訳は消えていくのだろうと思う。

 時代の流れと行ってしまえばそれまでだが、私は翻訳も立派な国の文化であり、財産だと思う。「星の王子さま」「グレート・ギャツビー」のようにいくつかの出版社が異なる翻訳を出して競い合うのならいいのだが、大した理由もなしに田中小実昌氏や清水俊二氏のチャンドラー、深見弾氏の「泰平ヨンの航星日記」(近年出たやつは改訳と銘打たれてはいたが、事実上の新訳版だった)そして今度は飯田規和氏の「ソラリス」をも葬ってしまうハヤカワのやり方に疑問を覚えずにはいられない。

 国書刊行会からハードカヴァーで出て10年以上。訳文も見直されているらしいのでスナウトの「おれ」やハリーのギャル喋りが修正されていればいいのだけど。
.12 2015 スタニスワフ・レム comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ スタニスワフ・レム
  └ 「ソラリス」が文庫化

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。