スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

第49回スーパーボウル


 さて今日はスーパーサンデイ。えっ、月曜日だけどって?そう日本では月曜日だけど、米国ではスーパーボウルの行われる日はスーパーサンデイと言ってほとんど祭日みたいなものなのだ。というわけで日本時間の朝8時半に始まった試合をお昼すぎまでTVで観戦。

 アリゾナで行われた今年のスーパーボウルはQBトム・グレイディを擁する強豪ニューイングランド・ペイトリオッツが昨年覇者シアトル・シーホークスに挑戦する形だ。シーホークスの強力なディフェンスとペイトリオッツの多彩な攻撃の対決という図式だ。

 試合が始まるとペイトリオッツがその攻撃力を見せつけ押し込むが肝心のところでターンオーバーを許したりでなかなか得点が伸びず、一方のシーホークスは全く攻撃を抑え込まれていたが要所で得点。お互いに二つのTDを決め前半を14-14の同点で折り返す。
 毎年楽しみにしている人も多いだろうハーフタイムショーはケイティ・ペリーのステージ。今年もド派手だった。
 後半はシーホークスがTDとFGで立て続けに得点、14-24と10点差をつける。ペイトリオッツは徐々に攻撃が機能しなくなってきてこれはこのまま行っちゃうかと思ったら、第4クォーターに大逆転、28-24で残り2分。そこからのシーホークスの攻撃はタッチダウンが必要という展開の中、奇跡的なロングパスが決まり残り30数秒でゴールライン目前まで迫る。ゴールラインを越しさえすれば勝利というシーンまでこぎつける。
 ところが、普通ならランプレイで確実にタッチダウンを狙うであろうこのシーンでシーホークスは相手の裏をかくパスプレイを選択、このパスを掴んだのはペイトリオッツのディフェンダー、バトラー。ターンオーバーでペイトリオッツの勝利をも掴み取って、スーパーボウル史上に残るビッグプレイとなった(上写真)。

 この試合で4TDパスを決めたブレイディはあのモンタナを抜いてスーパーボウルにおけるTDパス記録を塗り替えたそうだが、もはやそんな記録なんてどうでもよくなるくらいの、もうとんでもなく面白い試合だった。こういう試合があるからスポーツ観戦はやめられない。

 NFL、今季も面白かった。セインツが弱かったのは残念だけど。でもアメフトってシーズン短いなあ。
 来月MINMINがボストン行くから、ペイトリオッツのグッズ買ってきてもらおうっと。
.02 2015 その他スポーツ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年02月
  ├ カテゴリー
  |  └ その他スポーツ
  └ 第49回スーパーボウル

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。