スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マーヴェリックス 波に魅せられた男たち


Chasing Mavericks 2012年 米
監督:カーティス・ハンソン、マイケル・アプテッド
出演:ジェラルド・バトラー、ジョニー・ウェストン

 実在のサーファー、ジェイ・モリアーティの若き日を描いた実話映画。WOWOWで放送されていたのを録画していたものを観た。

 いやこれは素晴らしい映画だ。スポ根ものとしても、青春映画としても、ファミリー映画としても、そしてサーフィン映画としても素晴らしい。ウィキペディアによると批評家からかなり低い評価しか得られなかったらしいのだが、一体そいつらは何を観てるのだろう。
 実話ベースなので映画としては確かにやや地味な話だとは思う。サーフィンのコーチというよりも父親替わりのようなフロスティとの交流が淡々と描かれるのだが、そんな中で16歳の少年が恋愛やら何やらで色々と考えがブレるのは当然のこと。逆にむやみに話を盛ったりしていない感じが好感持てると思う。
フロスティはジェイに、サーフィンのコーチとして、体力をつけさせたり技術を教えるだけではなく、「恐怖は健康的だが パニックは死につながる」「自分が何に恐怖を覚えるか考えろ」というような物の考え方や哲学のようなものも教えていく。そんな中、フロスティの妻が急死、自暴自棄になりかけたフロスティをジェイが支えるといったシーンも類型的ではあるが感動的だ。
少年時代に誰もが経験する友人やイヤなやつたちとの微妙な関係も描き込んであって懐の広い映画だ。出演者もみな自然な演技で魅力的。
 これを観て「退屈」「中だるみ」とか思うのなら、その人がハリウッド的なガチャガチャした映画に毒されているからだと思う。ヨーロッパの映画に比べればこれなんて断然スピーディな展開だと思うのだが。

 そんなこんなの末についにやってきた「伝説の大波」マーヴェリックスに挑戦するシーンのド迫力には唸らされる。もちろんそれまでのサーフィンのシーンもみな素晴らしいのだが、リアルなシーンの連続で、劇場の大スクリーンで観たら酔いそうなくらいだ。

 全く予備知識無しで観たので、この映画のラストでジェイが23歳の誕生日を迎える前日に亡くなっていた事を知ってショックを受けた。映画の中で登場するジェイが書いたフロスティへの手紙にあるように「短い人生になる」という予感を持っていたのだろうか。その予感が無謀とも言えるマーヴェリックスへの挑戦のモチベーションだったのだろうか。

 これから観られるのであれば、できるだけ大画面で、できるだけ高画質で見て欲しい。正直言ってこれは配信とかで見ちゃダメ。放送としては最高画質のWOWOWでも物足りない。私は観はじめて5分で「これブルーレイのソフトで観たい」とマジ思った。
.19 2015 映画(ハリウッド) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年01月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ マーヴェリックス 波に魅せられた男たち

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。