スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

道満清満 ニッケルオデオン【青】



 2年前に我が家にコミック虐殺事件が起こった。ある作品を読んだことでそれまで単行本が出るたびに購入して読んでいたいくつかのコミックが急に面白く感じられなくなり、以降コミックを読む量が激減したのだ。そのきっかけになったのがこの「ニッケルオデオン」の第1巻だった【赤】である。
 その後第2巻【緑】を経て、今回第3巻【青】が登場した。

 いや~これはすごい。相変わらずの破壊力だ。特に今回は全13話どれも傑作。前の2冊にはいまいちよくわからない回や、やや空回り気味の回があったがそういうこともない。

 とにかくいろんなタイプの話が出てくる。冒頭の「Grimm Dead」は昔話を逆手にとった恐怖譚でいきなり読者の度肝を抜く。次の「迷子のチーコ」はすぐに迷子になってしまう少女を描いてこの作家らしい不思議な味が炸裂。その次の「リノベート・アト・ランダム」ではSF仕立ての天地創造をコミカルに描く…という具合に物語の仕立てはとにかく多彩。普通なら『ホラーだったり、SFだったりギャグだったり』みたいに書くところだが、この作家の作品の場合そういうジャンル分けで言い表すことができない。

 例えば「魅惑のヴンダーカンマー」。5年生の少年ユースケは友人に「なにか盗んで来い」と言われて「森の魔女」の家を訪ねる。と言っても、魔女はほんとに森に住んでいるのではなく、「森ビル」という名のマンションに住んでいるだけだ。魔女は若い女だが一つ目だ。この魔女はとてもフレンドリーで、ユースケに自分が収集したコレクションを見せ、盗むのはやめたユースケになにかひとつ持って帰ってもいいと言う。ユースケは古い野球カードを選ぶが、それがとんでもない高値のついたレアものであると知って驚愕する。

 この話、ジャンル分けももちろんできないが、ストーリーだけ聞いてもそれのどこが面白いの?という感じだと思う。というか正直ストーリーとしてもほとんど何も語っていない。絵の魅力(一つ目で不気味なはずの「魔女」のキュートなこと!)を別にしても、この話は、起承転結で言えば「起」の部分しか持っていないからだ。ユースケが魔女と知り合い、彼女のスゴさの一端に触れたところで終わっている。凡百の作家ならこのあとユースケと魔女との間に何らかの交流が始まるが、やがて何らかの事件が起こって二人は引き離される、みたいな展開にするだろう。
 そういう陳腐な展開をこの作家は決して描かない。そういう展開があるとしたらそれは読者の頭の中だけのことだ。だからこそどの作品にも何とも言えない読後感が残る。読者のイマジネーションを強力に刺激するのだ。

 それとたくさんの作品で【赤】【緑】に出てきた登場人物が出てくるのも面白い。心霊研究者のスガワラは3巻を通じて登場。「OKEYA」に出てくる3人の女の子のうち一人は【緑】の巻頭のエピソードに出てくる男の娘「伏見くん」だ。
 ラストの「うたかたの日々」がまた見事。【赤】の冒頭のエピソードに戻ってきて見事にこのチクルスを閉じた。こういう作品の終わり方として完璧だ。
 正直第2巻の【緑】は【赤】に比べて随分落ちる気がしてたのだが、これを読んで改めて【緑】を読んだらかなり面白く読めた。

 図らずも掲載誌『IKKIコミックス』が廃刊となり、これが最終巻となった。まあ他がつまんないマンガばっかりだったから仕方ないとは思うが、最近コミック雑誌がどんどん廃刊になっていて、これも時代の趨勢だろうか。それにしても少年ジャンプの一人勝ち状況をなんとかしないと、コミックの世界も終焉が近いのではないかと思えて仕方がない。
.22 2014 コミック comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年10月
  ├ カテゴリー
  |  └ コミック
  └ 道満清満 ニッケルオデオン【青】

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。