スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ガッチャマン


2013年 日本
監督:佐藤東弥
出演:松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽

 有名アニメの実写化作品というやつは大抵失敗している。「ヤマト」なんかいい例だ。原作のいいところを全く継承せず、いい加減なダイジェスト映画にしてしまう。そういう駄作を作らせたら日本映画の右に出るものはない。ところがこれは、そんな「ヤマト」の駄作っぷりも吹っ飛ぶほどの稀代の駄作として各方面でクソミソに言われている作品だ。というわけでどこまでアホなのか期待して観た。

 結論から言えば、確かにこれはかなりの駄作だ。原作アニメ『ガッチャマン』の骨っぽさは全く継承されず、鳥のシルエットもない。『石』という設定自体もよくわからないし、ヒーローものにあるまじき恋愛話中心のシナリオ、名前の割にどこから見ても日本人のマヌケすぎるカートランド博士、どこかで見たような戦闘シーン。自分の気持ちをペラペラ喋る薄っぺらいキャラたち。あんなに苦労しないとパーティに入れない意味もわからんし、何故ギャラクターの基地は自らモスコーンにぶつかっていくのか。もう全く意味不明。さらにゴッドフェニックスのコクピットの椅子がどう見てもOAチェアでめっちゃ安そう。
 とにかくシナリオが酷すぎてSFとしてもダメ、もしかして青春映画と考えてもやっぱダメ。確かにひどい作品だった。
 決めゼリフがいまいち決まってないのも良くない。「俺が見えるか悪党ども」「俺は1千万人を助けるために、1人の命を犠牲にするという考え方を否定する」「最後の任務だ。全て救う」とかもうちょっと何かスタイリッシュなセリフなかったかなあ。

 でもこの程度の駄作は結構多いのではないかとも思う。何も考えずに観たらそれなりに楽しめるかも。あそこまでクソミソに書かれるのはやっぱ原作が愛されているからなんだろう。

 キャストはみんなそれなりに頑張ってたと思う。剛力彩芽のジュンなんてあんな頭カラッポな役嫌だったろうによく頑張った。甚平の濱田龍臣、竜の鈴木亮平はそれぞれいい味出していた。岸谷五朗の南部博士はパロディっぽくてちょっとアレだった。
 松坂桃李のケン、綾野剛のジョーはそれなりに雰囲気出てたとは思う。ガッチャマンのスーツもよくできていた。ジュンのスーツの色が原作と違うのが気になったけど。それだけにもっとまともなシナリオでやってほしかった。

 しかしあのラストは…まさか続編、やんないよね~
.13 2014 映画(日本) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(日本)
  └ ガッチャマン

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。