スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

サタデー・ナイト・フィーバー


Saturday Night Fever 1977年 米
監督:ジョン・バダム
出演:ジョン・トラボルタ

 公開当時おっそろしく流行ってディスコ・ブームのきっかけにもなった有名作だが、意外と観たことない人も多い作品のようで、私もこれまで全く観たことがなかった。
 てっきりトラボルタが踊りまくるだけのバカ映画だと思い込んでいたのだが、よく考えればそんな映画がヒットするはずもない。しっかり社会派映画だった。
 ブルックリンに住む青年トニーはペンキ屋で働いている。父は失業中で家はトニーが支えている。トニーの唯一の楽しみは週末にディスコに繰り出して踊ること。私生活では冴えないトニーだが、ディスコではキングなのだ。賞金の懸かったコンテストが近づいてきて、前回コンビを組んだアネットにうんざりしていたトニーの前にとてもダンスの上手な女性ステファニーが現れる。

 ブルックリンとマンハッタンをプアとリッチとして対比させてあり、トニーもステファニーも自分たちの生活の場であるブルックリンから抜け出してマンハッタンでリッチな生活をしたいと夢見ている。ステファニーはマンハッタンで仕事をしていてしょっちゅうセレブと会ったとかの話をトニーにするのだが、これがどうも眉唾なのだけど、トニーの周辺は失業中なのにプライドばかり高く息子の気持ちなど全く察しない父親やバカ丸出しの友人たち、それにヤリたいだけのアネットとロクデナシばかり。そんなこんなでトニーはちょっとマンハッタンの匂いを感じさせるステファニーに惹かれていく。

 NYを舞台に、プエルトコ系住民との対立やダンスの要素が満載のこの作品はもろに『ウエストサイド物語』を連想させる。そう言えば主人公の名前も同じ「トニー」だ。
 これはあれから15年ほど後の映画なわけだが、15年経っても若者たちの悩みは同じだ。自分は何者なのか。人生で何を成し遂げられるのか。その不安に押しつぶされそうで、だからこそダンスでその不安を紛らわそうとする。

 『ウエストサイド物語』が群像劇だったのに対し、この映画は徹底してトニーの心情だけを描いている。この映画の中で流れる時間はわずか2週間ほどだが、その間にトニーは大変な成長を遂げている。
 ダンス映画だとバカにしてはいけない。これはかなり良質の青春映画である。偏見を持ったままの人は一度ご覧になられることをおすすめする。

 描かれている70年代アメリカの風物も興味深く、映像資料としての価値もありそうだ。ディスコの内装の様子とかも、あああんな感じだったよな~と懐かしく思った。

 さてこの作品の中にはBEE GEESのナンバーがいくつか流れる。その中でも一番有名なのは「Stayin' Alive」だろう。
ところがこの曲を聴いてうちのRINRINが真っ先に思いだしたのはこれ。

ハッチポッチステーションでグッチ裕三が歌ってたやつだ。今聴いても面白い。
.08 2014 映画(ハリウッド) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ サタデー・ナイト・フィーバー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。