スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

沙村広明 春風のスネグラチカ


 沙村広明という作家の作品は以前「ハルシオンランチ」という作品を読んだのだが、あれがとんでもないおふざけSFコメディだったのに対し、この「春風のスネグラチカ」はロシア革命後の激動の時代のソヴィエト連邦を舞台にした極めて真面目な作品だ。一巻で完結という手軽さもあって読んでみた。

 1933年のソヴィエト連邦カレリア共和国。オネガ湖畔に建つЮ-92物件と呼ばれる別荘の管理者ブイコフが謎の車椅子の少女ビエールカとその従者シシェノークと出会うところからこの物語は始まる。ビエールカに自らの身に危険が迫っていることを知らされたブイコフは逃亡、ビエールカらは別荘に無断で住み着くが、すぐに当局に知られ秘密警察のミハルコフとともに生活することになる。

 いやーこれはすごい。たった一冊、約250ページのコミック作品で、2時間の映画を観たような重量感がある。ロマノフ王家の生き残りというベタな題材を持ってきながら、そこをまともに物語の中心に据えるのではなく、物語はそこをやぶにらみ気味にしながら別のところで進んでいく。伏線も完璧に収拾し、見事なシナリオだ。
 作者の絵柄と陰惨なロシアの空気感がマッチしていて、必要以上の残酷シーンもエロシーンもないので安心して読める。
 当時のソヴィエト連邦の、反体制勢力への弾圧はとてもこんなものじゃなかったとも思うのだが、リアルに描いちゃえば主人公たちもミハルコフもそれぞれ2回くらいは殺害されたはずなので、それでは物語にならないし、そのあたりは仕方がないかと思う。
 AMAZONのレビューでの批判的な声では、ビエールカがミハルコフに性的な関係を強要される部分をとりあげて、『女にとって「好きでもない男に無理に抱かれる」ということがどれほど不快でおぞましいことか分っていない』などと書いている人もいる。気持ちはわかるが、そこは十分『不快でおぞましい』事として描かれていると思うし、自分の生まれてきた意味を証明するであろう物を探すビエールカにとっては、それよりも探し物を見つける方が重要だったのだ。そういうのが現代の特に女性には理解できないだろうとは思う。
 もっともそのビエールカが探していたものが、高価なものではあるとは言え、自分の名誉(というか誇り)という一点以外ではさほど価値がないだろうと思われる物で、それを探すために命や、女性としての尊厳を懸けていたのかと思わなくもないのだが、ある種の人々にとって名誉や誇りというものの価値はそれほどの物なのかもしれないとも思うのだった。

  さてこの作品を読んだらまず100%の人がググるであろうロマノフ王朝の生き残りについて(いやもしググらなかったらあなたは今更ググるまでもないロシアオタクか、さもなければ知的好奇心が不足している莫迦かどっちかだ)。有名なのは第4皇女アナスタシアだ。この作品中にも名前が出てくるアンナ・アンダーソンをはじめ自分はアナスタシア・ロマーノヴァだと主張した女性が30人もいたそうだ。ウィキペディアの「アナスタシア・ニコラエヴナ」の項目を読むとそれらの女性のうち代表的な事案が書かれているが、非常に面白い。皇子アレクセイにも当時生存説があったそうで、それがこの作品のベースになっている。

 あと巻末に作者のあとがきが。きっかけは『ツン95%のツンデレ少女の作品を描こう』だったという。そんなテキトーな企画からこんな作品を仕立ててしまった沙村広明、やっぱタダモンじゃない。
.28 2014 コミック comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ コミック
  └ 沙村広明 春風のスネグラチカ

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。