スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Godzilla


GODZILLA 2014年 米
監督:ギャレス・エドワーズ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙

 ハリウッド版ゴジラというと1998年のローランド・エメリッヒ監督作品があったが、あれはどう見てもゴジラではなく恐竜だった。モンスターパニック映画としては面白かったが、怪獣映画としてはイマイチだったと思う。
 いやそもそも『怪獣映画』で私のようなひねくれたファンが納得するようなものがありうるのだろうか?
 とういうわけで、期待と不安が入り交じる中、劇場へ出かけて観た。

 ネタバレを避けていきなり結論から言えば、怪獣映画としては大変良く出来ていると思う。怪獣を人間の目線から見せるカメラワークはきわめてリアルで、怪獣の巨大さが見事に表現されているし、その怪獣の見せ方も非常に巧みだ。実際にこんな事件があったとして、そこに居合わせた人々は逃げるのに精一杯で、ほとんど怪獣の姿を見ないだろうと思う。それを完璧に映像化してみせたのが「クローバーフィールド」だったが、この映画もそんな感じで進んでいく。そして観客がもうちょっとゴジラ見せろよとじりじりしてきたころを見計らったように最後にド派手な怪獣同士のバトルをたっぷり見せるという進め方はお見事と言っていいだろう。
 敵怪獣ムートーは『パシフィック・リム』のカイジューと似た、気持ち悪く凶悪な感じの怪獣。デザインはいかにもアメリカの映画人が考えそうな怪獣だが、キャラは立ってたのでまあ及第点かな。

 一方ストーリーの運び方はいかにもなハリウッド調。主人公フォードが父の住む日本を訪れて怪獣騒ぎに巻き込まれ、彼の行く先々で怪獣に襲われる。妻と息子のもとへ帰ろうと頑張る彼の姿は感動的ではあるし、ヨメのエルが可愛いので説得力はあるが、物語自体があまりにご都合主義的に展開するので鼻白んでしまう。ハワイで電車に乗っていて怪獣の攻撃に会い、必死で日本人(?)の少年を守るが、あのエピソード必要だったろうか?この辺もあってストーリー的にかなり冗長な印象を持った。
 渡辺謙の演ずる芹沢博士も、極論すればゴジラを紹介するだけの役回り。もっとアクションに参加して欲しかった。
 あと気に入らなかった点としては、宝田明が出ると聞いていたのに全く出番なしだった点と、あの伊福部昭の音楽が全く聴こえてこなかったことかな。

 日本の原発事故で立ち入り禁止にされた街が廃墟になってたり、ゴジラがハワイに出現したとき津波が起こってワイキキの街が壊滅したり、震災の被災者の方が見るとPTSDのフラッシュバックを起こしそうな映像も。
 さらに放射能を体に溜め込むムートーに対して核攻撃しようとするなど結構短絡的。しかもラストは体の中に原子炉を持つというゴジラがムートーの口に火焔放射して倒すなど、原子力に対する文明批判的なものはきわめて薄い。そこはやっぱアメリカ映画として受け入れにくいところなのだろうか。

 とは言え、昔のゴジラ映画今見るとすごくいい加減なものが多いので、歴代ゴジラ映画と並べてもかなり上位にくる作品であることは間違いない。ゴジラ好きならぜひ。
.29 2014 映画(ハリウッド) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ Godzilla

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。