スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ワールドカップ終幕


 2014年ワールドカップ・ブラジル大会は、今朝の決勝戦で終幕を迎えた。非常にハイレベルで面白い試合だったし、天才メッシを中心にアルゼンチンがかなり有利に試合を進めていたのだが、結果的には延長後半に決勝点をもぎ取ったドイツが逃げ切って優勝。準決勝でブラジルを7-1と圧倒して下したことはさておいても、ドイツは強かった。

 スペインのポゼッションサッカーが終焉を迎えるなか、ドイツのサッカーはポゼッションサッカーにさらにフィジカルの強さ、ロングレンジでの攻撃など多彩なオプションをプラスしたもので、いわば「ポゼッションサッカープラス」とでも言うような、そんなスタイルだった。個人技頼みだったブラジルは主力選手の欠場もありメンタルの弱さを露呈してあっさり撃破され、堅い守備からカウンターを狙うアルゼンチンは食い下がったものの勝てなかった。もし決勝の相手がオランダでも同じような結果に終わっただろうと思う。
 しかし、今大会は、勝ったドイツよりも、敗れたブラジルやアルゼンチンや、前評判を覆して旋風を巻き起こしたコスタリカやチリといったチームがなんとなく印象に残っている。

 日本は攻撃サッカーを目指すと言いながら、同じような方向性のドイツと比べるとまるで豆粒だと言わざるを得ない。日本ももしこんな相手に勝とうと本気で思うのなら、コスタリカのように守備を固めてカウンター狙いというやり方しかなかったのではないだろうか。
 次の監督がどんな日本代表を目指すか知らないが、これだけは言っておく。攻撃サッカーなんて百年早い。現実的な戦い方を。
.14 2014 世界のサッカー comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ 世界のサッカー
  └ ワールドカップ終幕

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。