スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム


Om Shanti Om ओम शांति ओम 2007年 インド
監督:ファラー・カーン
出演:シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン

 BSデジタルの番組表をチェックしてたらこの映画を見つけて面白いかもと思って録画予約してたら、まゆまゆとRINRINが途中からオンエアをハマって観てしまい、「あ~最初から見たかったな」と言うので「録画してたけど」と言ったら唖然としてた、そんな映画。

 ボリウッドの脇役俳優オームは撮影中の事故から憧れの女優シャンティを救い出し仲良くなるが、シャンティは新進映画プロデューサーのムケーシュと秘密裏に結婚していた。ムケーシュはシャンティを疎ましく思い、シャンティが妊娠したことを知って事故に見せかけて殺害しようとする。ムケーシュによって火をつけられ燃え上がる映画のセットに閉じ込められたシャンティを救おうとするオームだったが、二人とも命を落としてしまう。
 30年後、ボリウッドの大人気若手俳優オーム・カプールは、エージェントに連れて行かれた廃墟となったセット(前世の自分が命を落としたあのセット)で謎の女性の幻を見る。

 インド映画が最近またブーム再燃らしい。ダンスシーンに合わせて観客も踊り狂う「マサラ上映」というイベントも人気なのだとか。これも御多分に漏れず、踊る踊る。
 ストーリーは輪廻転生したオームの復讐劇で、下手をするとすごく陰惨な話になってしまいそうなのだが、そこはもちろんインド映画、輪廻転生の不思議も、亡霊が現れるオカルトチックな展開も明るくあっけらかんと歌って踊って進めてしまう。とにかく楽しい作品なので、3時間という上映時間の長さも気にならない。
 まあ細かいことを言えば色々とツッコミどころもある(たとえばムケーシュはどうやってあの爆発して吹っ飛んだセットからシャンティの遺体を見つけて床の下に埋めたのか、とか)のだけど、そんなのは気にせずに楽しんで観る映画だ…ってこれはインド映画全般に言えることだけど。

 主人公オームを演じるのはボリウッドの、もはや名優といってもいいだろうシャー・ルク・カーン。でも撮影時に40歳をとうに超えていただけあってアップになると年齢は隠しきれない。30歳の青年を演じるにはちょっと無理があるような気もしないでもない。
 ヒロイン、シャンティと30年後のシャンティのそっくりさんサンディを演じるディーピカー・パードゥコーンはちょっと人間離れした美貌の持ち主で、美しく優雅なシャンティと田舎者でダサいサンディを見事に演じ分けてこれがデビュー作とは信じられない。

 ただ、30年後の各キャラの老けメイクがイマイチ。敵役のムケーシュを演じたアルジュン・ラームパールは超イケメンなんだけど、取ってつけたような白髪が残念。そこだけは減点だが、とにかく楽しく面白い。ダマされたと思って3時間観てください。
.13 2014 映画(欧州・アジア) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ 恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。