スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

もうひとつの終焉


 本来日本×ギリシャの写真を使わないといけないんだけど、朝からとてもつまらない試合を見せられテンションが下がった腹いせに、写真はコートジボワール戦に登場したFC愛媛の非公式キャラクター、一平くんの代表バージョンで済ましておきます。

 開始20分で、あ~これは今日も点が取れないな(=勝てないな)と思った。
今の日本代表には、『この形に嵌れば点が取れる!』というような形がない。極端な言い方をすればラッキーなゴールが入らんかなと相手ゴール前でうだうだしてるだけ。相手がひとりやふたり少なくてもあんな消極的なサッカーで点が取れるわけがない。ザッケローニの言うパスサッカーって、ひょっとしてパスを回すことだけが目的なんじゃないのかと思ってしまうほどだ。
 しかもどうしても点が取れないとなるとDF吉田を前に入れてパワープレイ。だったらなんで豊田呼んどかん!しかも交代枠ひとつ残したまま。パワープレイ要員がいないのならドリブル突破できる斎藤を入れるとかして、攻撃の形にヴァリエーションをつけるべきではないか。

 私が普段応援しているサガン鳥栖のサッカーは面白い。まず豊田をターゲットに放り込むという方法論がはっきりしているのでわかりやすい。で、その豊田を囮にしてキムミヌがドリブル突破したり、水沼がミドル打ったりするから相手も守りにくい。だからこそのJ1で2位という成績なのだと思う。
 それに比べて今日の日本代表の攻撃の単調なこと。残り数分しかないのに、背の高いギリシャDF陣を相手に同じようなクロスを入れてははじき出される事の繰り返し。
 いや本当につまんない試合だった。こんなんでコロンビアと10回試合したって一回でも勝てるとは思えない。
一応まだ一次突破の可能性は残ってはいるが、よほどなにか起きないと無理だろうなあ。

 というわけで、スペインに続いてパスサッカーを標榜するチームの終焉がまたひとつ見えてしまった。
 いや、私の感想が間違っていればいいのだけれど。
.21 2014 世界のサッカー comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 世界のサッカー
  └ もうひとつの終焉

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。