スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

終焉


 今朝のワールドカップ、スペイン×チリの試合で、ひとつの時代が終わった。
2008年のEURO、2010年のワールドカップ、そして2012年のEUROを制してきたスペインが、1-5という衝撃的なスコアで初戦のオランダ戦に敗れたのに続き、今朝のチリ戦でも0-2で完敗、大会から最初に姿を消してしまったのだ。

 敗因はズバリ、デルボスケ監督の采配ミスだ。なぜあれほどにジエゴ・コスタとカシージャスに固執したのだろう。たった2試合でジエゴ・コスタが前線で何度もゴールチャンスを逃し、カシージャスが相手FWの揺さぶりについていけないシーンが何度あっただろうか。この二人のパフォーマンスがよければこんな結果にはならなかったのではないかと思う。今日の試合ではシャビを起用しないなどの謎采配もとても気になった。
 しかしそれよりも、やはりバルセロナが今季無冠に終わったことと考え合わせれば、これはパスサッカーの時代が終わったことを示しているのではないだろうか。

 そして、2点リードされたまま、あと10分も時間が残ってないのにパスを回し続けるスペインに、スペインサッカーを理想とし、攻撃サッカーを標榜する日本代表の先日のコートジボワール戦の幕切れが思い浮かんだ。日本代表の抱える問題もスペインと同じようなものだろう。スペインが克服できなかったそれを、日本は克服できるのか。

 明日、答えが出るかも知れない。
 
.19 2014 世界のサッカー comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 世界のサッカー
  └ 終焉

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。