スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2014W杯 日本×コートジボワール

2014_Côte_dIvoire_Japan
 前半本田の素晴らしいゴールで先制し、そのあともかなりチャンスを作っていたが追加点を奪えないまま後半に。後半動きが目に見えて落ちてきた日本に対しドログバが出てくると逆に急に元気になったコートジボワールが数分の間に一気に逆転。日本はこうなると打つ手がない。なすすべなく1-2で敗戦。
 メディアとかでは楽観視する論調もあるが、私はこれは深刻な負け方だったと思う。

 1-2とひっくり返されたあと、普段からJリーグを見ているサッカーファンなら誰もが思っただろう。なぜザッケローニは豊田を選んでおかなかったのか、と。
 パワープレイが必要な局面で、パワープレイ要員がベンチに一人もいないのだ。疲弊した日本代表にパスを回すサッカーだけを要求しても「ムリ」の一言だ。ロングパスを放り込むのは確かに美しいサッカーとは言えないかもしれないが、オランダがスペインを蹂躙した試合を見ても有効であることは間違いない。そういう選択肢を最初から捨てている。最後に柿谷を入れたが彼もパワープレイ向きの選手とは言えない。結果彼はボールに何度触っただろうか?
 豊田がいないのなら放り込むのは諦めるとしても、柿谷ではなく、ドリブルで突破できる斎藤を入れるほうがまだ良かったのではないだろうか。
 今日の負けはメンバー発表の日に確定していたとさえ言ってもいい。

 バルサやスペイン代表のようなパスサッカーはサッカーの理想だ。だがそれはシャビやイニエスタのような天才がいて初めて可能なこと。あのバルサだってグアルディオラはイブラヒモビッチを入れて高さを加えようとしたではないか。
 形にこだわって勝てるほどの実力はまだ日本にはないと思う。
 試合している選手たちが楽しそうに見えなかったのも気になる。

 とにかく次戦ギリシャ戦。勝たないと終わりだ。今更なんとかなるとも思えないが、頑張って欲しい。
.16 2014 世界のサッカー comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 世界のサッカー
  └ 2014W杯 日本×コートジボワール

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。