スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ガルシア・マルケス氏死去


 報道によると4月17日、コロンビアのノーベル文学賞作家、ガブリエル・ガルシア・マルケスが亡くなった。87歳だった。
 私はこの作家の作品はほとんど読んだのだが、私が読んだ様々な作家の中でも最も傑作率の高い作家である。なかでも『予告された殺人の記録』は私の読んだ全ての小説の中でも最高峰の作品の一つである。
 もちろん『百年の孤独』『族長の秋』なども超がつく傑作。『コレラの時代の愛』も素晴らしかった。いやそれを言うなら『愛その他の悪霊について』『エレンディラ』『十二の遍歴の物語』…どれもこれも傑作ぞろいで、語りだすととんでもないことになりそうだ。
 彼の作品は南米文学ブームの中心となったし、南米のみならず世界中の様々な作家に影響を与えている。そう考えると彼が現代文学に果たした役割は相当大きいと言えるだろう。

 作家としては成すべきことは成し遂げた人であるし、ここ10年ほどはほとんど引退状態だったわけで、惜しい人を亡くしたというショックはあまり感じないのだが、やはりひとつの時代が終わった感はある。

 ご冥福をお祈りします。
.18 2014 本についての雑記 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ 本についての雑記
  └ ガルシア・マルケス氏死去

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。