スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

伝説巨神イデオン


 以前劇場版を観たときにTVシリーズ観たいなあと思ったのだが、とうとう今回WOWOWで「ハイヴィジョンリマスター版」として全39話がオンエアされたので録画して観た。

 作品そのものについては劇場版のレヴューで書いたのでここではTV版独特の部分について軽く述べるだけにする。

 いや~、全39話を通じて戦争以外ほとんど何もやらないという恐ろしいアニメだ。登場人物が笑えるような冗談を言うシーンさえほとんどない。最終回でジョリバがカララに「ベスより先に口説けば良かった」と言うくらいかな。ガンダムだってもうちょっとコミカルなシーンあったと思う。
 そもそもソロシップととバッフ・クランの戦いにしても、最初の接触で突発的に戦闘になったとしても、次には戦う必要があるとは思えない。バッフ・クラン側が圧倒的な戦力を持っているのだから、それを示して降伏を勧告すべきだが、なぜかこのアニメの登場人物たちはそうはしない。結果延々と続く殺し合いに嵌っていく。
 そんな殺伐としたアニメで、登場人物たちの心もささくれだっている。主人公のコスモもそうだが、カーシャのやさぐれぶりはちょっとありえない。アニメのヒロイン的立ち位置で描かれた少女でここまで好戦的で過激な、性格のひん曲がった少女はほかには思い浮かばない。
 あとイデの発現の鍵を握る(と言われている)赤ん坊のパイパー・ルウが信じられないクソガキで、虐待受けても仕方ないレベル。実際画面に映らないところでリンあたりが虐めてたのかもしれない。それが彼女の突然の死の遠因だったりして…

 そんな感じなので、なかなか登場人物に感情移入できないアニメである。メカ的にも敵味方通じて正直魅力があるとも言えない。敵の重機動メカというやつも随分話が進まないと出てこないし、イデオンの方も随分後になって波導ガンが登場するまではミサイルと殴る蹴るしか能がない。
 しかも、ご存知のとおり打ち切りでラストがアレでは…我々は劇場版「発動篇」を知っているからあれだけど、当時リアルタイムで見てた人は文字通り「ポカーン」なラストだったろう。

 劇場版を観てしまっていると、やっぱりコスモがキッチ・キッチンの死を目の当たりにしてないとか、ベスがカララの妊娠を知らぬままだったとか物足りない部分もある。逆に劇場版はギジェのエピソードがほとんど描かれていないのが物足りないし、やっぱりどっちも見ないといけないようだ。
.10 2014 アニメ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ 伝説巨神イデオン

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。