スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マーラー 交響曲第3番

 bernstein_mahler_3_dg.jpg
 このブログの「クラシック音楽」のカテゴリを見るとブルックナーの記事が多く、これではブルックナーファンだと思われてしまいそうだ。いやもちろんブルックナーは好きだが、実は同じくらいマーラーも好きだ。とはいえこの二人、後期ロマン派を代表する交響曲作家としてよく並び称されるが曲の中身は全く違う。
 敬虔なキリスト教徒だったブルックナーの書いた音楽は神々しい光に満ちたものだが、それに比べると、マーラーの音楽は言ってしまえば下世話。とはいえその分身近で世俗的な美しさに溢れていると言えるだろう。

 私はマーラーの交響曲はすべて聴いていて、どの楽章でもメインのメロディは歌えるし、第一、第三、第四、第六あたりはほとんど全曲を諳んじている。まあそのくらいマーラーの交響曲が好きなのだが、そんな中でも一番好きなのがこの第三交響曲で、もはやこれは私の知っている全ての交響曲の中で一番好きな曲であると断言できる。

 マーラーの第三交響曲というと、ギネスブックにも載っている世界最長の交響曲である。6つの楽章からなり、演奏に100分ほどかかる。夏の光景を描いた、マーラーの「田園交響曲」とも言われるが、哲学的な内容と美しい光の絡み合う独特な世界を持った作品だ。特に第6楽章は絶品で、マーラーの全作品の中で最も美しい。

 ところが私は、この曲のCDをわずか2セットしか持っていない。なぜか。理由は簡単である。バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルのDG盤(写真右)があまりにも決定盤過ぎて他のものに触手が伸びないのだ。
 もう一枚私が持っているこの曲のCDは、先日亡くなったアバドがウィーン・フィルを指揮したこれもDG盤(写真左)。実はこれ、私が初めて買ったCDである。1982年頃だろうか。6600円だった。今なら全集が買える値段だ。当時マーラーの第三交響曲のCDはこれしか出てなかったんじゃないかな。
 で、今改めて聴いてみると、アバドの演奏はとてもすっきりした、客観的な美しい演奏だ。バーンスタインの主観的な、曲に入り込んだ演奏とは180度違う方向で、そう思ってこの2種のCDを聴き比べるとすごく面白い。ちょっとしたフレージングさえ違うのだ。第2楽章なんて小さくて静かな美しい曲で、アプローチの仕方でそうそう違うふうに演奏できるような気がしないんだけど、実際聴いてみるとこれが全然違う。
 で、バーンスタインの方が全体にドラマティックな起伏のある演奏なんだけど、なぜか合唱の入る第5楽章だけはアバドの方が大幅にテンポを揺らして劇的な表現をしている。そこはやっぱ当時オペラの指揮者として活躍していたアバドならではの解釈なのだろうか。

 終楽章。アバドの演奏は遅めのテンポで、磨きぬかれたような美しさで流麗に流れていく。これはこれで説得力のある素晴らしい演奏だとは思う。しかし美しい上に劇的で陰影に富むバーンスタインの演奏を一度聴いてしまうともう物足りない気がしてしまう。
 先日、ベルリンフィル・デジタルコンサートホールでラトル指揮のこの曲も聴いたが、ラトルも流麗な方向の演奏で、私見ではやっぱりバーンスタインには遠く及ばない。はたしてバーンスタインを超える演奏が今後出現しうるのだろうか。それともフルトヴェングラーの「運命」みたいに永遠の名演奏となってしまうのだろうか。
.23 2014 クラシック音楽 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年03月
  ├ カテゴリー
  |  └ クラシック音楽
  └ マーラー 交響曲第3番

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。